11月27日 その1937『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.11.27



函館は雨の朝を迎えた。



冬型の気圧配置で、

全道的に雪の予報が出ている。



今朝は、幾つかの企業などの朝礼に出席する予定だ。






1)原子力ゼロ社会を実現する

原子力ゼロ社会を実現するために、

次の課題解決の工程を早急に樹立し、

速やかに着手しなければならない。



・立地自治体への対策

・節電対策

・再生可能エネルギーなど、代替エネルギー対策

・化石燃料価格対応

・送電網の整備

・発送電分離や電力会社のあり方

・核不拡散など安全保障上の取り組み

・原子力技術の維持発展と技術者の確保

・原子力への新規参国を含む諸外国との関係

・使用済核燃料への対応方策

・廃炉の具体的な道筋

・再稼働の課題







2)TPPに断固反対する

環太平洋経済連携(TPP)は、

単なる経済問題ではなく、

金融、保健、医療、労働など、

国民生活の広い範囲に影響が及ぶ可能性が高く、

日本の多くの分野のことを、

日本みずからが決められなく懸念がある。



つまりTPPは、

日本の主権を大きく侵害するおそれがあるばかりか、

日本の文化や伝統などを破壊する可能性を否定できない。



TPPには断固として反対する。



====



この点に関し、

政府の方針と合致しないのではないかとの指摘がある。



====



TPPというお菓子を買いに行こうかと思っており、

その事前準備を進めたいとの意向。



そのお菓子が、

国民にとって美味しくないものなら買わない。



これが現在の政府の状態だろう。



====



今後の予想される手順は、次の通りと見込まれる。



まず店の中に入らず、

国民にとって美味しいお菓子を買うための手順などについて、

関係者と意見交換をする(事前協議)



次に店の中に入って、

どのお菓子をどの程度買うか交渉を行う。

(本番交渉)



店の中で、

どのお菓子をどの程度買うか決める。

(条約締結)



買う予定としたお菓子のカタログを持ち帰り、

国会で、それを本当に買うかどうか議論し、

購買の是非を決定する。

(国会での条約の批准)



国会で条約が批准されたら、

買うこととしたお菓子が初めて家に届く。

(条約の発効)



====



つまりTPPへの参加には、

まだまだ多段階の過程があり、

今の段階で、賛否は簡単に決められず、

賛成、反対、慎重など、

色々の立ち場の人がいるのはおかしなことではないのだ。



ただし、

店の中での交渉(本番交渉)は、

あまり外に情報出さずに行うことが予定されており、

そんな交渉では、キチンと是非を判断できないおそれがある。



だから私は、

TPP交渉に参加することに大いなる危機感を抱いており、

交渉参加も反対しているのだ。







3)「子ども」、「働くもの」、「地域」の元気を実現する

日本の現下の課題の一つは少子化だ。



景気の低迷や社会保障の不安の原因の一つが少子化であり、

これを克服することが急務の課題だ。



そのため教育や福祉などの政策を通して、

子どもを安心して産み育てられる社会の実現を目指し、

子どもの元気を取り戻すことが必要だ。





経営者である、労働者であるを問わず、

老若男女、働く方々が元気になることによって、

医療や社会保障をはじめとするとする

日本の安心を創造することになる。



労働政策、中小企業対策、6次産業化などによって、

働くものの元気を取り戻さなければならない。





日本の各地は、それぞれが個性を持っている。



その個性を踏まえて、

それぞれの地域の元気を引き出すことが、

最終的に日本全体の活力につながって行く。



地域主権改革の推進などによって、

地域の元気を取り戻さねばならない。







今夕、安住淳幹事長代行が函館入りする。

選対メンバー等に対し、

激励の挨拶をする予定になっている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・27 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください