3月22日 その1135『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.03.22



一昨日の都内の強風、
さらに昨日の北海道の激しい風と猛吹雪。
全国的に春の嵐に見舞われました。

被害に遭われた皆さんに
お見舞い申し上げます。

そして今日はニセコで朝を迎えました。

一面の新雪です。

時折、風が強くなると吹雪模様にもなります。

そして早朝から除雪機械の音が街に響いています。


1)ザラボヤ
2008年頃から噴火湾で大量発生し、
ホタテ養殖に甚大な被害を与えている「ザラボヤ」が、
北大西洋原産の「アスキジラ・アスペルサ」
(和名 ヨーロッパ・ザラボヤ)らしいとのことが、
函館水産試験場らの調査で分かっています。

このザラボヤは、
本来、噴火湾にはいない種類のものです。、

船のバランスを取るために、
北大西洋で積みこまれた海水(バラスト水)に幼生が混じり、
噴火湾に運ばれた可能性があるようです。

噴火湾は、
本来の生息海域よりも水温が高い(15度→20度)ことや、
富栄養化が進んでいることが大量発生の原因のようです。

ザラボヤは噴火湾の
海底一帯に付着している可能性があるため、
ある時期に労力と予算をかけて
一斉に除去すべきと指摘されていますが、
これは簡単なことではありません。

しかし、何とかしなければ、
噴火湾のホタテ養殖漁家は
壊滅状態になってしまいます。

早急に対策を講じなければなりません。

関係機関と相談します。


2)水産加工
一昨日、函館市内で、
水産加工業界の
若手経営者の皆さんの勉強会で講演を行い、
その後、意見交換をしています。

====

・今の時代認識
・政府のあり方
・地域の見方

私からは大きくこの3点の話をしました。

その後、意見交換をしましたが、
特に地域の見方について、
私が結構厳しいもの言いをしましたので、
気分を害された方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、厳しいもの言いを一つの契機にして、
奮起して頂ければ、
それはそれでプラスだと感じます。

====

今後も、こうした場を
定期的に持つことができればと思っています。



3)地域経営
昨日、トマムで行われた会議で、
地域経営について話をしていますが、
必ずしも十分に思いを伝えることができず、
消化不良でした。

何かの機会に再チャレンジですね。


さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・3・22 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください