4月1日 その1143『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.04.01



今朝の都内は、雲が多めですが、
まあまあの天候です。

夜明けの時刻が早くなっています。

====

新年度のスタートです。

心機一転、色々なことが新たに始まります。

そしてエイプリル・フールです。

今日一日、4月馬鹿にちなむ
何か引っ掛けがあるでしょうか。
(ちなみに今日のこの日記に引っ掛けはありません。)



1)地域主権戦略会議
昨夕、官邸で地域主権戦略会議が開催されました。

昨日の主なテーマは、
義務付け・枠付けの見直し、
基礎自治体への権限の移譲、
さらに一括交付金などです。

各府省の対応、聞き取り結果は、
義務付け・枠付けの見直しは、まあまあの状況ですが、
権限の委譲は、極めて物足りない内容になっています。

また一括交付金に関しては、
マニフェストをまったく理解しない聞き取り内容もあり、
唖然とする言葉もありました。

====

もちろん政権交代後、
以前に比較して、
相当に地域主権政策が前進していることも事実です。

しかし、補完性の原理に基づいて、
原則、基礎時自治体が多くの仕事を担う発想からすれば、
大いに不満の残る内容です。

====

昨日の会議の冒頭、
総理からも相当に厳しい挨拶があり、
各府省の皆さんの考え方を
変えてもらわねばならないとの認識が示されています。

自治体の現場の声として、
各府省が移譲できないと指摘する権限の全てについて、
既に先行的に自治体が実施している事例も紹介され、
各府省の主張に合理性がないことも明らかになっています。

また地域主権戦略会議は、
単に各府省折衝の結果を追認する場ではなく、
会議で決めた方針が決定になる、
そうい場であることが再確認されています。

今後は、総理を中心に地域主権戦略会議が、
様々な議論をリードすることになります。

次回は、4月下旬に会議開催の予定です。

またその前に、
事実上の「国と地方の協議の場」も開催される予定です。


2)テルマエ・ロマエ
昨日、ヤマザキマリさんの
『テルマエ・ロマエ』のことを書きましたら、
早速、手元に届けてくださる方がおりました。

昨夜、読ませて頂きましたが、
評判通り、楽しい内容です。

内容は書きませんが、
ホッと一息できる場を提供頂いたことに
感謝しています。



さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・4・1 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください