4月23日 その1158『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.04.23



都内は、今日も雲の多い朝を迎えています。

昨日も終日、冷たい雨が降り、
4月のこの時期らしくない天候でした。

都内の予想最高気は10度。

暖かさとは縁遠い一日になります。

函館も予想最高気温は6度。

春が遠のく天候です。

====

昨日は、早朝から副大臣会議、
地域主権改革の打ち合わせ、
マニフェスト企画委員会、
代議士会、本会議、
地方団体からの出先機関ヒアリングなど、
重要日程が目白押しでした。


1)国と地方の協議の場
昨日の重要日程の中でも、
とりわけても重さがあったのは、
「国と地方の協議の場」の開催でした。

現在、国と地方の協議の場を法制化するための法案が、
国会で審議中です。

しかし、この法律が成立する以前でも、
事実上、地方の皆さんと協議することは可能です。

こうした事情の中で、
とにかく適時適切な時期に協議をすべきという
鳩山総理の強い意志で、
昨日の協議の場が開催されました。

====

当初予定では、総理は公務の都合により、
冒頭のみの出席予定でした。

しかし、司会の私からの退席予定時刻の示唆を遮って、
地方六団体代表の方々全ての発言を聞き、
さらに総理自ら、
それらの意見にコメントをされるほどの
熱の入れようでした。

地域主権改革にかける総理の覚悟が伝わります。


== 自治体側からの主な意見 ==

成長戦略の必要性

地域活性化の必要性

国と地方のプライマリーバランスを
同一視することへの悪夢

子育て政策は、国と地方が共同で
子ども手当の現金と現物のバランス

議会の制度設計に対する自治体の自由度の拡大

権限移譲など、
地域主権改革に対する総理への期待が大きい

鳩山政権に大きく期待する

自治体の行財政改革が大きく進んでいること

====

地方側からは以上のような意見が出されています。

== 国側の主な発言 ==

国と地方が共同してしっかりと取り組む

地域主権改革で議会のあり方も変わる

依存から自立で真の民主主義を

成長戦略の中で地域活性化は重要

プライマリーバランスは重要だが、
地域を疲弊させる理由には使わない

一括交付金を大胆に行う

現金給付とサービス給付のバランスは重要

農林水産業は重要

出先の事務権限仕分けには地方がも参加を

電子政府化、地方行政の標準化を大胆に実施

地域活性化、ICTは成長の原点

成長戦略に提言を頂きたい

行政不服審査の見直しを

職業訓練は地域に実情に合わせて行うべき

地方税財政のあり方について

権限移譲などを積極的に進める

地方自治には自助努力が必要

課税自主権が重要

特区、規制改革の提言を頂きたい

事業仕分けなどで地方事業と仕分けられたものについて、
財源をしっかりと措置するものと、
地方の判断に委ねるものの整理をキチンとする

====

以上のように、
地方からも国からも積極的な発言があり、
全体予定時間をオーバーしての会議となりました。

今回は、総論的な意見交換ですが、
次は論点を絞っての協議になる予定です。

====

この国と地方の協議の場は、
ここれをうまく運用すれば、
日本の国と地方の関係を、
上下主従から真の対等協力へと転換させる
大きな可能性を秘めています。

それにより、日本の民主主義が大きく進化する、
この会議はそんな大きな意味のある場なのです。

私も担当総理補佐官として、
この場をはじめ地域主権改革を
さらに丁寧に大切に、
そして大胆に推進する決意です。




今日のスタートは、
国会内で早朝からの
公務員制度などに対する関係大臣会議です。



さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2010・4・23 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 4月23日 その1158『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください