5月26日 その1173『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.05.26



都内は雲の多い朝を迎えています。

明るい光が射していますが、
午後には雨になるようです。

国会も乱戦気味なのですが、
少し強めの雨でも降って、
気分一新としたいものです。



1)闘う
最近、改めて感じていることがあります。

政治家は闘う生き物なのです。

====

政治家が扱う課題は、
全ての方が納得するものばかりではありません。

全ての方が納得する課題なら、
政治家が介在しなくとも、
ある種、自発的、自動的に、
その方向に進む場面が多いものと思います。

====

課題Qに対して、解決手法がA1からA3まで、
3つ存在したと仮定します。

しかし、どの課題も賛成者が3割程度で意見が拮抗している場合、
どの解決手法を選択すべきか答えは簡単ではありません。

実は、政治家が扱う課題は、こうしたものが多いのです。

逆に言えば、こうした課題だからこそ政治家が扱う必要があるのです。

しかも結論を出すための時間が短い場合が結構あります。

====

激しい意見の対立の中、
短時間で結論を導き出すことが
政治家には求められます。

全ての方が円満に納得の上、
結論を導くことが理想ですが、
課題の性質上、それが難しいことが多いのです。

にも関わらず円満納得に拘ると、
事態が悪化し、
取り返しのつかない場面に陥ることもあります。

だから政治家は、
意見の対立を鮮明にして、
闘う必要があるのです。

====

もちろん闘いにも色々な手法があります。

正面からぶつかる場面もありますし、
水面下で様々な工作をして闘うこともあるでしょう。

極論すれば、
闘うことがなければ、
政治家として役割りを果たしていないともいえるのです。

====

当然のことなのでしょうが、
最近、改めてこんなことを感じています。



今日も密度の濃い一日なりそうです。

さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・5・26 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください