6月2日 その1177『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.06.02



6月に入っています。

昨日は都合で、日記が書けませんでした。

====

夜明けの時刻が早まっています。

都内の日の出は、午前4時26分頃。
日没が18時52分頃です。

夏至に向かって、日の出は、ほぼこの時刻ですが、
日没はさらに10分程度、徐々に遅くなります。

一年で夜が一番短い時期、
明るい日中の時間を有効に使いたいものです。

函館では、
日の出は午前4時頃、
日没はもう既に19時5分頃になっています。

北海道は東京よりもさらに夜が短いのです。



1)競り下げ
昨日、村井宗明衆議院議員から、
「競り下げ」について説明を受けています。

官公庁の物品調達などは、
民間に比較して価格が高止まりと指摘されることが多くあります。

村井議員は、その原因は入札方式にあると指摘し、
それを「競り下げ」にすることで、
国の予算が「兆円単位」で節約できると言います。

====

「競り下げ」とは、
オークション形式で参加者が交互に低額の札を入れ合い、
一番低い価格を入れた参加者が受注する入札方式です。

「リバースオークション」とも呼ばれ、
民間企業の間では、印刷や事務用品の発注などで採用されていると言います。

====

民間では当たり前の手法ですが、
官公庁や自治体では、法令の規定も一因となって、
ほとんど導入例がないと言われています。

確かに、明確に競り下げと銘打って、
実施されるケースは少ないのかもしれません。

しかし、私の経験では、
自治体公共工事の二次製品調達などで、
こうした方式が採用される場面が少なくないと感じます。

====

村井議員はこうした方式を積極的に導入したいと頑張っています。

その一方で、公共契約がいたずらに低価格となる弊害も指摘されていますので、
公契約法などと併せて検討すると効果が高いと感じました。

私ももう少し勉強してみます。



2)国立大学
法人化された国立大学の運営について、
様々な課題が生まれています。

こうした点について、
昨日、文科省から説明を受けています。

====

法人化、そのものが原因となっている課題。

運営費交付金が減少していることによる課題。

国立大学の問題は、こうしたポイントを明確にして論ずる必要があります。



3)大綱
今月末までに地域主権戦略大綱を閣議決定する予定です。

現在、それに向け、事務方の皆さんが大車輪で作業を進めています。

私も、そのラフ案をチェックしながら、作業に携わっています。

冷静に考えると、広範囲に及ぶ内容であり、改めて大作業であることを感じま
す。

自治を活性化させ、日本の民主主義を進化させるため、頑張らねばなりません。




本日は、鹿児島県議会開設130周年記念講演のため、
鹿児島市を訪問します。

金子議長さん、伊藤知事さんとも面談する予定ですが、
住民本位の自治の活動がさらに活性化するよう
多少なりともプラスになる話ができればと思っています。


さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・6・2 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月2日 その1177『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください