6月3日 その1178『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.06.03



今日は、移動中に日記を書いています。


昨日、鹿児島県議会開設130周年記念講演会で講師を務めてきました。

テーマは「地域主権を巡る最近の動き」です。

6年ほど前のことになりますが鹿児島で、
県の町村会から依頼があって
講演をする予定になっていました。

しかし、悪天候のため鹿児島空港に着陸できず
講演を直前にキャンセルした過去があります。

今回は、全国都道府県議長会の会長を務め、
日ごろから大変お世話になっている
金子鹿児島県議会議長からお願いがあったうえ、
過去のドタキャンへの償いの意味も含めての鹿児島訪問でした。



1)総理辞任
昨日、鹿児島出張の飛行機移動の途中、
永田町で急な動きがありました。

鹿児島空港に到着すると、
携帯には数多くのメールと留守電が入っていました。

午前10時から、緊急に開かれた両院議員総会で、
総理が辞任を表明されたとの連絡です。

====

ここ数日、マスコミの間では、
辞任について取りざたされていましたが、
総理からは前向きに頑張る印象を受けていました。

しかし、突然の辞任表明です。

私は政府の中で、地域主権政策などを通して、
総理を支える立場にありましたが、
その役割を果たせず、大変に残念に思っています。

もちろん普天間問題で、
多くの皆様にご心配をかけていることは事実です。

さらに政治とカネの問題に対し、
多くの方々から釈然としないと批判があります。

====

しかし総理は、国民の生活が第一、
さらに「命」を守ることを大きな目的として、
この間、様々な政策の実現に取り組んできました。

診療報酬、10年ぶりの増額、
地方交付税、11年ぶりの増額、
戸別所得補償など一次産業予算の質的変化、
子ども手当など抜本的な少子化対策の段階的実施、
旧政権下では実現できなかったJR不採用問題などの解決、
情報公開法の抜本的見直しなどをはじめ、
本当に多くのことにこの短い時間の中で着手し、具体化を図ってきました。

しかし、総理には、これらの取り組みが、
(普天間や政治とカネ問題があるにせよ)
国民の皆さまから
あまり評価されないことへの悩みがあったのかもしれません。

個別には、数多くの極めて良い取り組みがあったのですが、
それら個別の取り組みをつなぎ合わせ、
鳩山政権の全体像を描ききること、
それを国民の皆様に伝えきれなかったこと、
このあたりに一つの問題があったのかもしれません。

いずれにしても、日本の大掃除、洗濯をしながら、
新たな日本をめざすため数多くの取り組みを開始していただけに、
今回の辞任は残念でなりません。

====

鹿児島空港到着後、様々な情報が入って来る中、
両院議員総会の挨拶の中で、
総理が地域主権の重要さを話されたと聞きました。

特に一括交付金に言及され、
これが実現すれば社会が変わる旨の発言もされたと聞きました。

私は、この話を聞いて、思わず胸が熱くなるのを禁じ得ませんでした。

そしてこれほど総理の思い入れのある政策の担当として、
私を任命頂いたことに対して、改めて心から感謝しています。


今後、私がどんな役割の仕事になるかわかりません。
(どんな役職にも就かない可能性が最も高いとも思われます。)

しかし、どのような立場になろうとも、
鳩山総理が情熱を傾けた地域主権をはじめ、
国民のための政策の実現にむけて邁進します。

ニセコ町長になるべきと思った時の思い、
さらに国政に重心を移すべきと決断した時の思い、
大きな決断をしたときの初心、
その原点を忘れることなく走ります。



今日がどんな一日なるか想像もつきませんが、
今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・6・3 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 6月3日 その1178『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください