6月7日 その1180『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.06.07



先週金曜日から、慌ただしく、
しかし密度の濃い時間を過ごしています。

金曜日は、両院議員総会で、
菅新代表が誕生し、
午後の衆院本会議で
第94代内閣総理大臣に指名されています。

組閣は、明日8日の予定で、
午後から夕刻には認証式が行われるものと思います。

====

翌土曜日から昨日曜日は、札幌市内で、
時間をフルに使って活動をしています。

午前は中央区で、午後は西区で、
新しい公共に関する集まりに参加し、
多くの皆さんと意見交換をしています。

夕方は、FM三角山に、
深夜はテレビの政治討論番組に、
それぞれ生出演しています。

結局、就寝は午前5時30分。

睡眠時間は1時間30分で完全な睡眠不足ですが、
充実の週末でした。

今日も既に移動中に発信しています。



1)菅新総理
4日、両院議員総会で代表選挙が行われました。

樽床伸二さんと、菅直人さんが、立候補しました。

====

樽床さんと私は、同い年。
ニセコ町長時代から交流があります。

2005年の初当選の際は、
国会に行けば「樽さんがいる」、
そんな気持ちを持つほどの間柄です。

また、菅さんとは、
ニセコ町長時代も多少の交流がありましたが、
特にこの5年間、色々な部分で連携をして
仕事をさせていただきました。

今回の代表選は、2日の時点で、
菅さんで進むべきと考えておりました。

推薦人になって良いとも思っていました。

ところが樽さんの立候補です。

正直なところ、驚きました。

樽さんが立候補をするとは全くの予想外です。

====

しかし、今回の局面を打破できるのは、
菅さんしかいないとの思いに変わりはありません。

結局、樽さんには電話で、菅さんに投じることを伝え、
さらに幾人かの関係者にも仁義を切って、
今回は菅さんに一票を投じています。

====

鳩山総理の掲げた政策の方向は
間違っていないと私は思います。

2日の総理の挨拶に見られるように、
何年か何十年か先の理想の実現をしっかりと見据えて、
今回の政策を出したことも理解できます。

しかし、反省すべき点の一つは、
その理想と現実をどう結び付けるか、
あるいはその理想を目指して
どう一歩一歩進むかの作戦に
甘さがあったことだと思います。

新しく総理になる菅さんは、
4日の挨拶からも分かる通り鳩山政権の政策を
引き継ぐものと思います。

それは単に引き継ぐのではなく、
鳩山総理が掲げた高く大きな理想を実現するため、
この8ヶ月間の取り組みも踏まえつつ、
より現実的な手法に徹しつつ進むのだと思います。

つまり鳩山政権が描いた大きな絵を、
具体化に向かって現実的に進めるのが
菅政権だと私は考えます。

もちろんこの過程の中で、
政権公約の変更もあるものと思います。

その場合は、
丁寧に国民の皆様に説明しながら進めるという
誠実な姿勢で臨むことが大事です。

====

今日は、あまり書く時間がありませんが、
鳩山政権8ヵ月を踏まえ、
今後は次の点に留意する必要があると思います。

====

・政権の動きや政策を俯瞰し、全体最適を高める機能を強化すること

・広報や記者会見のあり方を抜本的に見直すこと

・官邸機能をシステム化すること

・閣僚間の情報共有の仕組みを強化すること

・政務三役が政治力を真に発揮させるため官僚を活用すること

・政府と民主党が一体となって政策を議論、最終調整できる仕組みを構築するこ


・事務次官同士の情報共有の仕組みを構築し、官邸との連携を図ること

・個別政策をつなぎ合わせて、その全体を一つのものとして説明できること

====

ざっと思いつくままにこんなことが留意点かと思います。

またこれ以外に国会対策でも、
留意すべきことは少なくありません。

いずれにしても、
政権交代後の第2ステージがスタートします。

さらに気力を充実させて、進まねばなりません。



さあ、今日もしっかりと前進します。

=============
   2010・6・7 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月7日 その1180『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください