12月3日 その1943『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.03



函館は、雲の切れ間から、

空がのぞく朝を迎えた。



いよいよ明日から衆院選がスタートする。



私の考えを、数多くの皆さんに伝えるため、

12日間、走り回る。



とにかく、とにかく丁寧に、精力的に、動き回る。



公選法の規定により、

明日から16日まで、日記の更新は、

今日でひとまず終了だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・3 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




4 Responses to 12月3日 その1943『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください