12月18日 その1945『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.18

函館の朝、気温はマイナス1度。



激しい雪が降っている。



日中も雪の予報だ。



====



惨敗後の昨日、

少しゆっくりすべきとの意見もあったが、

午前から事務所で今後のことを打ち合わせし、

その後、お世話になった皆さんに挨拶回りをした。



もちろん挨拶は、一日で終わるようなものではない。



年内の早い時期に多くの皆さんのところへ、

挨拶に伺いたいと思っている。



一方、東京の議員会館の事務所は、

新しく当選した議員の皆さんが入所するため、

明日中に撤収しなければならない。



そのため今日、上京し、

事務所の荷物を整理することとする。



明後日には、帰函し、

また挨拶回りに精を出すこととする。



====



落選のショックで、

布団を被って寝ているのではないかなど、

全国の多くの皆さんから、

激励のメッセージや電話を頂く。



本当に有り難いことだ。



心から感謝している。



====



自民党と公明党の政権が発足することになるが、

やはり原子力に関してはゼロはあり得ない雰囲気だ。



選挙中には、全ての候補者が、

大間を止めることを話していたが、

自民党からはその方向は見えない。



選挙中に政治判断で止めると話されたことを、

しっかりと実現して貰いたいものだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・18 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 12月18日 その1945『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください