12月22日 その1949『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.22



昨夜も帰宅が遅かったため、

今日はちょっとゆっくり目の朝を迎えた。



選挙終了後、翌日は挨拶回り、

その後、即、東京事務所の撤収作業を行い、

昨日からまた地元活動を開始した。



昨夜は、連合後援会長の配慮で、

一緒に食事をして今後のことなどを話し合った。



いつながらの心遣いに感謝、感謝の夜だった。



====



今日の函館の天候は、雪時々曇り。



最低気温はマイナス1度。



日中はプラス4度程度になる見込みだ。



雪がとけ出して、

濡れた路面からの水はねが気になるかもしれない。







1)懸念

新たな政権となる自民党の動きを見て、

気になることがある。



====



医薬品のインターネット販売が、

解禁される可能性があるのではないか。



私は、医薬品のインターネット販売に反対の立場だ。



しかし自民党を応援する様々な顔ぶれを見ていると、

ネット販売解禁の発言が飛び出し兼ねない印象を受ける。



医薬品のネット販売は、

一見、国民の利便性を高めそうに思われるが、

負の側面が極めて多く、

相当慎重に考える必要がある。



====



勢い良く経済景気対策の話が躍っている。



10兆円規模の補正予算、

200兆円の公共事業、

物価上昇目標2%、

大幅な緊急緩和など、

一見合理性があるように思われる。



しかし、経済社会の構造変革とともに、

これらのことを行わなければならない。



経済成長すれば雇用が拡大し賃金も上がる。



これが安倍さんの頭の中にあるのだろう。



しかし問題は、

景気と賃金が必ずしも連動していないことだ。



どんなに雇用が拡大しても、

非正規雇用、パート労働者ばかりが増えるようなら、

個人消費が増えるなどは期待できない。



地域や国民にお金が回る構造への転換対策を行いつつ、

経済景気対策を行う必要がある。



同時に公共投資が増えるようだが、

財源対策と国債金利に十分は目配りが必要だ。



====



原子力ゼロが、多くの国民の覚悟だと私は理解しているが、

新しい政権は原子力ゼロを唱えているわけではない。



逆に原発の新設、

再稼働も視野に入っているように思われる。



福島の事故は、

忘却の彼方に葬りされれるのだろうか。



====



憲法改正、国防軍、集団的自衛権の行使など、

これらも勇ましい言葉が並ぶ。



強い国家「日本」を目指すという。



強い国家は、

安定的な国民生活を基本とした強い社会あって初めて実現する。



外向きの国家の殻が強くても、

国民生活がボロボロならば、

それは強い国家とは言えない。



国家のあり方に対する議論をすっ飛ばして、

軍事的変化による強い国家だけを語っても意味がない。



====



中央政府と地方政府との関係があまり語られていない。



道州制は、中身の曖昧な呪文のような言葉だ。



道州制が実現すれば、

中央政府と地方政府の関係が円滑になり、

国民生活にプラスに作用するものといは言えない。



====



TPPの本質が語られていない。



農業問題だけクリアすれば

TPPに参加しても良いかの印象を振りまいているが、

TPPは日本社会の構造を根底から変え、

日本の伝統、文化や慣習も変えかねない。



こうしたことをもっと議論する必要があるが、

経済側面だけの議論しか見えない。



====



今回の選挙では、

安倍さんの教育観について、

あまり語られることがなかった。



この点についても色々と懸念がある。







今日は、講演会や関係者の皆さんと、

今後の私の政治活動について、

話し合いを行う。



おおさか政治塾の最終回も、

本日行う予定だ。



今日も多くの皆さんにお世話になる。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・22 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 12月22日 その1949『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください