12月23日 その1950『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.23



函館は気温の低い朝を迎えた。



朝の最低気温はマイナス7度程度。



日中も氷点下の真冬日の予想だ。







1)後援会など

昨日、後援会幹部の皆さん、

党など関係者の皆さんと、

私の今後について意見交換を行った。



その結果、

今後とも、私が政治活動を続けること、

後援会の皆さんがその活動を支えることが確認された。



「逢坂誠二自身に

政治活動を続ける意思があるかないかが先ではなく、

後援会の我々自身が逢坂誠二を何としても支え、

再度国政に送るという強い思いが先だ。」



後援会の皆さんからのこの発言があったが、

この発言を聞いた途端に、

思わず目頭が熱くなった。



私の意思確認以上に、

後援会の思いが先だとの発言を聞いて、

本当に有り難く感じた。



ガッチリ支えるから、精一杯頑張れとの声を受け、

政治活動の基盤を強化することとしたい。







2)おおさか政治塾

8月からスタートした

第二期おおさか政治塾の最終回(5回目)を、

昨日開催した。



昨日の内容は、

民主党政権の3年3ヶ月課題など

について話をしている。



最後に塾生から感想を伺った。



====





民主主義とは、

多数決が絶対ではないことが理解できた





俯瞰して物事をみる大切さが分かった





心が一杯動いた





物事はまず知ることから始まる





信念を持つことの大切さが理解できた



====



塾生の皆さんから、こんな感想を頂いた。







3)天文年鑑

来年版の天文年鑑を購入した。



12年版は赤の表紙だったが、

13年版は緑の表紙だ。



表紙写真はラブジョイ彗星だ。



今年は、5月21日に金環日食があるなど

天文のビックイベントがあった。



来年は、パンスターズ彗星、アイソン彗星など、

大彗星の年となると言われている。



天文年鑑をパラパラめくり、

来年に思いを馳せている。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・23 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 12月23日 その1950『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください