12月24日 その1951『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.24



12月24日、クリスマスイブの朝だ。



函館は青空が広がる穏やかな雰囲気だ。



気温は低い。



朝はマイナス10度近くまで下がっている。



暖房をフル回転させても、

室温が20度になるのがやっとだ。



日中もマイナス2度程度と真冬日の予報だ。







1)

昨朝の報道2001に出演中の安倍さん、

少し饒舌に過ぎる印象を受けた。



特に経済についての言及が多いが、

今後に不安定な雰囲気を与える可能性がある。



危うい。



潰瘍性大腸炎の特効薬にも言及していた。



ゼリア新薬の「アサコール」のことなのだろうか。



アサコールは、

それほど劇的に効くとは承知していないが、

安倍さんのいうとおりだとすれば、

潰瘍性大腸炎患者の皆さんには大朗報だ。







2)経済政策

新自民党政権の経済対策は、





建設国債を財源とする公共事業





金融緩和と物価上昇目標2%



この2点に集約されるのだろうか。



以前の平時の国家なら、

これは必ずしも間違った政策とは

言えないかもしれない。



====



しかし、日本は、

国地方の長期債務残高が、

GDPの2倍近い1千兆円に迫ろうしている国だ。



国債の信用をどう維持するかの観点は不可避だ。





リーマンショック以降、

日銀の国債保有高が上昇していること





日本国債の外国人保有率が、

かつては5%程度だったが、

現在、10%迫る勢いであること



日本国債の不安定要素が

増えつつある現実を無視できない。



日銀の引き受けが可能なのかどうか、

さらに日本の財政に不安が走れば、

外国人投資家は日本国債をすぐに手放すだろう。



その場合、

国債の引き受け手があるのかどうかも、

視野に入れる必要がある。



国債の信用が落ちれば国債金利は上昇する。



今の国債金利1%以下の状態でも、

財政赤字発散の臭いがするのに、

金利上昇による金利負担が税収増を上回ったら、

最悪の事態になることを織り込んでおくべきだろう。



====



さらに物価上昇目標2%は、

日銀だけの力で達成可能なのかということ、

2%物価が上がった場合に、

国民生活にどのような影響が出るか、

この2点も気にかかる。



私の直観だが、

日本の物価上昇率は、

アメリカなど主要貿易相手国との関係も

相当に大きく左右することとなる。



物価上昇2%達成時には、

国民の負担感はたぶんそれの倍くらい、

あるいはもっと大きいかもしれない。



しかしこの間、

サラリーマン給与は相変わらず低い水準であり、

ピーク時の平成9年に比較すると

60万円近くも下がっている。



たぶん給与所得の増加は、

物価上昇目標の達成よりも遅れることになる。



さらに非正規雇用が多い現状の中で、

給与所得が上がらないことも予想される。



物価上昇目標の設定に当たっては、

物価上昇に伴って

確実に給与所得が上がることが必要だ。



この点について、

新政権では必ずしも言及がなさそうだ。



====





注入した資金が確実に地域に回る効果的な予算





租特の見直しによる課税ベースの拡大





女性や高齢者雇用の拡大





非正規雇用の縮減



など、

こうしたことも視野にいれなければ、

日本の経済は上向かないと思われる。



====



いずれにしても今の日本は、

平時の国家ではなく崖っぷちに立つ、

転落寸前国家であることを念頭に

経済政策を展開せねばならない。







3)日本国債

昨夜のNHKスペシャル「日本国債」を見た。



問題意識は一緒だが、

ドラマ仕立てにしたことが、

逆に「危機意識を希薄にした」、

そんな印象を受けた。



もっと真正面から正直に問題を扱えば良かったのに。



ドラマ仕立てにすることで、

鋭い問題意識を曖昧にする意図があったとするならば、

本当のことを伝える意識の希薄さに対する責任は重い。







4)ノロウィルス

宮崎県の病院で、

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団感染が発生した。



入院患者や職員計44人が、

下痢や嘔吐の症状を訴え、

うち入院中の男性患者6人が死亡した。



山梨県でも集団感染が発生した。



ノロウイルスとみられる感染性胃腸炎の全国の患者数は、

過去十年で最多だった2006年に迫る勢いで増えているという。





手洗い、同じタオルを使わないなど、

予防のための基本をしっかり守らねばならない。







昨日、手をつなぐ親の会の

クリスマスお楽しみパーティーに出席した。



多くの参加者の皆さんから激励の言葉を受けた。



有り難い。感謝、感謝。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・24 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 12月24日 その1951『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください