12月26日 その1953『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.26

函館は、昨日から低温、

さらに激しい吹雪に見舞われている。



夜明け前の今、

気温はマイナス10度近くまで下がり、

駐車している自動車も真っ白な綿を被せたように、

隅々まですっかりと雪に覆われている。



今日日中も、気温は上がらず、

予想最高はマイナス7度程度だ。







1)声を聞く

昨日は、鹿部、森、八雲、長万部、今金、

せたなの各自治体を歩いている。



今回は時間の制限もあり、

年明け以降、さらに丁寧に

皆さんの話を伺いに歩くこととしている。



====



天気予報通り、

夕刻から、今金やせたな地方では、

猛吹雪となった。



途中、吹雪で前方が全く見えない状態が何度もあり、

無事に帰函できるどうか危ぶまれたが、

なんとか辿りついている。







2)新幹線

2015年度中に北海道新幹線の

新函館駅(仮称)の開業に向け、

工事が急ピッチで進められている。



たぶん具体的な開業時期は、

2016年3月になるのではと考えているが、

とにかく北海道新幹線の早期開通に向け、

これまでも相当な力を注いで来た。



2016年の開業時期には、

なんともしても国政に復帰し、

国会議員として北海道新幹線の船出を見守りたい。



この新函館駅(仮称)の開業は、

その後の札幌延伸に重要な意味を持つ。



本州から函館地域までの

新しい新幹線の利活用度合いが高ければ高いほど、

その後の札幌延伸に弾みがつくことになるのだ。



そのためには、新幹線工事と合わせて、

新駅からの二次交通など、

受け入れ体制の早急な準備が必要だ。



私自身も、国政の立場から、

その準備を進めていたが、

今回その役割を果たせないことになった。



残念なことではあるが今の立ち場で、

できることに力を注ぎたいと思う。



====



札幌への延伸は、

工事期間の短縮が求められている。



工期短縮に向け国費の工面についても、

様々な案を検討していたが、

継続して取り組めないのは、何とも歯がゆい。



国費以上に大きな課題は道費だ。



北海道財政が極めて厳しいため、

今予定されているよりも短い期間で、

北海道が負担金を賄うのは難しいとも指摘されている。



国レベルで工期短縮が可能になったとしても、

道段階でそれに対応できないというのであれば、

工期短縮を要望している地元としては、

何とも皮肉なことだ。



こうした点について、

地方財政のあり方を含め、

検討の余地があると考えている。



いずれにしても、

予定された北海道新幹線計画は、

早期完成によって、

一刻も早く供用されることが望ましい。







3)大谷選手

日本ハムの大谷翔平選手の入団記者会見が

昨日、札幌市のホテルで行われた。



会見場には道内外の報道陣

150人以上が詰めかけたという。



そんな中で、大谷選手の受け答えは、

高校生とは思われないほど、しっかりしている。



入団までの経緯について、



「すごく悩んだが、

 北海道のファンに手紙をもらったりして

 勇気づけられた」、





打者と投手の「二刀流」の起用法は、



「どちらでも自分の持ち味を出せれば。

 最後まで諦めずに、一投一打集中したい」



と話す。



その後、札幌ドームで、

ユニホーム姿でマウンドに上がる、

サプライズとも言えるサービスがあった。



大リーグに行こうが、

日本のプロ野球を選ぼうが、

大きな期待を背負った大谷選手の今後の道のりは、

決して平たんではないと思う。



大きな期待という宿命を背負った大谷選手には、

様々な山を乗り越えて、大成して欲しいと思う。







今日も天候が悪いが地域を歩き回って、

少しでも多くの皆さんと話をしたい。



国民の皆様の声を、謙虚に少しでも数多く聞く、

これが政治の基本だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・26 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください