12月30日 その1957『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.12.30



今年も今日と明日の二日間を残すのみだ。



実に色々なことのあった一年だった。







1)原子力ゼロ

安倍総理は昨日、

民主党政権が決めた

2030年代に原子力発電所稼働ゼロを目指すとする方針を

踏襲しない意向を表明した。



さらに茂木大臣が、

核燃料サイクルの継続も発言している。



となれば、

渡島桧山管内の多くの皆さんが懸念、

心配している大間原発について、

中止あり得ないということか。



選挙の前の公開討論会で、私に対し、

「大間は政治判断で止められる」と発言し、

民主党政権を批判した方がいたが、

あの発言はいったいどうなるのだろうか。



誠に不誠実極まりないことだ。







2)地域自主戦略交付金

昨年度から導入され、

段階的に拡充を進めている地域自主戦略交付金

(ひも付き補助金を廃止し、一括化する交付金)に対し、

新政権から廃止すべきとの声が上がっているとの噂を耳にする。



それが事実なら、何とも残念なことだ。



ひも付き補助金の一括交付金化の基本的な考え方は、

地域主権戦略大綱(平成22年6月22日閣議決定)に整理されている。



http://www.cao.go.jp/chiiki-shuken/doc/100622taiko01.pdf



自治体の自主性、自律性を尊重すべく、さらに拡充に努めていた。



確かに自民党の皆さんは、この交付金に反対していたが、

実施から2年で廃止になる可能性があるようだ。



これが政権交代の現実とはいえ、

これに翻弄される自治体の皆さんには、申し訳ない。







今日から年末年始は、

生活のペースを自分中心にシフトする。



今日は体を動かすことに時間を割きたい。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・12・30 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください