1月14日 その1972『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.01.14



夜明け前の函館は、曇っているようだ。



雪は降っておらず、穏やかな感じがする。



気温はマイナス8度程度、

日中はマイナス1度程度と真冬日の予報。







1)電子書籍

電子書籍が随分と広がりを見せる気配もあるが、

あまり広がらないのでは…、との見方もある。



正直なところ電子書籍は、

私にとっては、やはり読み難い。



いつもラインマーカーを手にして、

気になるところをハイライトしたり、

本に直接メモを書くなどの読み方をしている私にとって、

電子書籍は、ちょっと手を出し難いものだ。



でも最近、電子書籍端末や、提供環境が変化したとも聞く。



どの程度、利活用ができるのか、

電子書籍にちょっと触れてみようと思う。







2)逢坂誠二の話を聴く会

札幌市内の有志の皆さんが、

「6回連続講座・逢坂誠二の話を聴く会」を企画してくれた。



この1月から6月まで、第4火曜の夜、開催予定だ。



第一回目は次のとおり開催される。



日時:1月29日(火)18:45~20:45 

会場:札幌エルプラザ4階大研修室

参加費:1,000円

参加申込先:ohsakakikukai@gmail.com



====



多くの皆さんにお気遣い頂き、

こうした企画が持ち上がっているが、

有り難いことだ。







昨朝から、風邪気味のようだ。



今日も温かくして、

ちょっと活動量を落とす予定だ。



何もするのにも健康が一番。



体調管理に万全を期さねば。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

    2013・1・14 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 1月14日 その1972『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください