8月26日 その1225『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.08.26




都内はもう既に28度。一方、函館は20度程度。さらにニセコは17度。北海
道の涼しさが渇望されます。



1)新しい公共
新しい公共という考え方に共感する声が数多く寄せられています。鳩山政権で、
このことを議論し始めたころ以上に、共感の声が広がっている感じがします。こ
うした新しめの概念については、広がるまでの時間差を、改めて感じます。

新しい公共とは、NPOなどを中心とする、政府や市場と違うセクターのことばか
りを指すわけではありません。広く捉えると、日本の大きな問題である、政府と
政府もどきの社団、財団、独法など全体を見直す行政改革につながる取り組みな
のです。

民主党政権は、無駄の一掃、日本の大掃除を掲げていますが、新しい公共は単な
る、日本の「公(おおやけ)」の担い手の変化だけを意味するものではありませ
ん。行政改革に大きく資する取り組みなのです。このことを、今後さらに伝えて
いかねばなりません。



2)行財政検討会議
昨日、行財政検討会議の分科会が開かれています。昨日のテーマは、議会の招集
権、自治体間連携、基礎自治体のあり方、この三点です。他の用務のとの重なり
もあって、毎回フルに参加できないのがジレンマですが、行財政検討会議への注
目度合いが高まっています。私もさらに神経を研ぎ澄まして、議論の行方を注視
しなければなりません。



昨夜は、今年、地球から最も遠くなった月を眺めるチャンスがありました。東の
高い空に輝く月を見ていると、まだ暑いとはいえ、夏の終わりを感じました。

さあ今日も、しっかりと前進します。

=============
   2010・8・26 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 8月26日 その1225『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください