9月21日 その1238『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2010.09.21



しばらく日記が書けない状態が続いていましたが、今日から
なんとか平常モードです。

先週17日、菅内閣の新閣僚が決まっています。夜には総理の記者会見に同席
し、新内閣スタートを見守っています。引き続き、この週末、さらに昨日は、新
閣僚の勉強会等が休日返上で行われ、私も総理大臣補佐官として参加しました。
政権全体の課題を新閣僚全員で共有しながら、新しい内閣の船出です。

その一方、鳩山内閣からの流れを多少なりとも知るものとして、こうした交代期
に政策等の継続性が失われる現実も目にし、忸怩たる思いがあります。偶然によ
る継続性の喪失なら、まだしも目をつぶることができますが、こうした機会をと
らえ意図的に政策を変質させる現実に政権運営の難しさを感じます。

今後、私が、与党の中で、どのような役割を果たすのか、まだ詳細は明確ではあ
りませんが、心して取り組まねばなりません。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============
   2010・9・21 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 9月21日 その1238『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください