2月11日 その2000『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.02.11



函館は多少雲があるが、

明るめの朝を迎えた。



最低気温はマイナス8度。



日中もマイナス1度と今日も真冬日の見込みだ。



雪が降ったり止んだりの、

建国記念日となりそうだ。







1)新春の集い

昨日、函館市内で、

おおさか誠二「2013年新春の集い」を、

後援会の皆さんに開催頂いた。



現職のときとは違う状況の中での開催だけに、

どの程度の皆さんに出席頂けるのか、

正直なところ不安もあったが、

約千人の皆さんが参加した。



本当に有り難く心から感謝している。



管内の首長さん、議長さん、

企業や団体の幹部の皆さんをはじめ、

数多くの皆さんに出席頂いた。



小川勝也参議院議員、

渡島町村会長の川代八雲町長、

北海道薬剤師会の東洋会長には、

来賓を代表して、ご挨拶を、

函館市社会福祉協議会の奥野会長、

連合渡島の荒木会長には、

それぞれ始めと、締めの乾杯をして頂いた。



そして会場では、

多くの皆さんから激励を受け、

たくさんの勇気を頂くことができた。



捲土重来を期しての、

再スタートに相応しい集いとすることができ、

改めて心からお礼申し上げる。







2)2000

今日、徒然日記が2000回の節目を迎えた。



====



私は1994年にニセコ町長に就任した。



その後、事務所にLANを敷設し、

町の全職員にPCを配置した。



それを一つの契機にして、

1997年11月に、

このスタイルによる「町長室日記」を開始した。



日記の目的は、

私と職員の皆さんの情報共有だった。



この日記は、町長辞任の2005年8月まで、

1697回を数えた。



====



2005年9月の衆院議員就任後は、

「徒然日記」として、新たにスタートした。



それ以来、約7年半で、

2000回を迎えることになった。



====



町長時代の日記は、

職員に対するメッセージだったが、

国会議員になってからは、

受け手の皆さんも極めて多様で

反応も様々だ。



それゆえに衆院議員になってからは、

多少の戸惑いがあった。



特に文体、語尾にも迷いがあった。



しかし、多くの皆さんに支えらながら、

今日まで、何とか続けることができた。



この日記は、表面上は、

不特定多数の皆さんに対する

私の一方的な発信だ。



ところが現実には、

多くの皆さんとの

双方向のやり取りに支えられている。



毎号、個人の皆さんからの反応は

それほど多いわけではない。



だが節目、節目で、

皆さんからの反応がかえってくる。



この反応が、私の励みとなっている。



自分を見つめなおすため、

そして多くの皆さんに私の思いの発信として、

この日記を継続したいと思っている。



末永く、気楽にお付き合い頂ければと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・11 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 2月11日 その2000『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください