2月15日 その2004『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.02.15



昨日、帰函の予定だったが、

都内でさらに用務があったため、

今日早朝に帰函することとなった。



夜明け前の都内は、薄雲が広がっている。



午前9時頃から雨が降り出し、

その後、雪になるかもとのことだ。



予想最高気温は6度だ。



====



一方函館は、雲が多めで雪も降るようだ。



最低気温はマイナス4度、

最高は2度程度の見込みだ。







1)アベノミクスの課題

昨日、衆院を24年度補正予算案が通過した。



総額13.1兆円のうち、

5.2兆円は国債、つまり借金だ。



====



借金について、我々が与党時代、

自民党から相当に厳しく批判されてきた。



年間に44兆円を上限とする取り決めですら、

激しく批判されてきた。



しかし、自公政権は、

今回それをあっさりと破ってしまった。



もちろん借金が全て悪いわけではない。



だがしかし、今後の金利がどうなるかが

大いに気にかかる。



====



現在の国の借金の金利は、1%に満たない。



その状況で、国債の元利償還費は、22兆円余りだ。



国税収入の半分以上が借金返済に充てられている。



====



現在、国と地方の長期債務は約1千兆円と言われている。



アベノミクスでは、物価を2%上昇させるという。



仮にそうなったときに金利はどうなるのだろうか。



物価が上がる際に、金利が横ばいで進むのだろうか。



金利が横ばいなら問題は少ない。



しかし、物価上昇につれて金利が上がるなら

元利償還費はどうなるのだろうか。



長期債務残高1兆円だから、仮に1%金利が上がれば、

利払いは10兆円増加することになる。



これは消費税4%分に相当する金額だ。



====



アベノミクスは、威勢が良いが、

万が一、金利が上がれば、

その経済効果を帳消しにしかねない懸念を孕んでいる。







どうでも良い話だが、細川たかしさんは、

真狩村出身でもあり、

札幌での下積み時代も

私の知っているところに住んでいたこともあり、

尋常ならざる親近感を勝手に持っている。



歌の上手さも天下一品だ。



ただ最近、ちょっと気になることがある。



歌が一本調子で、

ただ大声を出しているだけにしか

聞こえないことがあるのだ。



もちろん私なんぞに歌が分かるはずもないのだが、

何となくそう聞こえてしまう。



素人の空耳なのかもしれないが、

尋常ならざる親近感を抱く者として、

ちょっと気になっている。







移動準備開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・15 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください