2月18日 その2007『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.02.18



昨夕、三月ぶりにニセコ入りした。



函館からJRで北上し、長万部で、

一両だけのワンマン列車に乗り換える。



乗客十数人のうち半数が、外国人だ。



うち3人は、スノーボードをはじめ、

たくさんの大きな荷物をもっている。



2名を除き、全ての外国人がニセコ駅で下車した。



ニセコに来るたびにニセコの雰囲気が、

良くも悪くも変化している。



====



長万部から、黒松内、

蘭越と進むにつれ雪が多くなる。



ニセコの街は、

完全に雪に埋もれている感じだ。



あまりの雪の多さに、

ニセコ生まれ育ちの私も言葉がない。







1)市民歌舞伎

函館市の有志が企画する市民歌舞伎

『初春巴港賑』(はつはるともえのにぎわい)の

35回目の公演が、昨日、市民会館で開催された。



昨年末から、

台本読みを開始し、

年明けからの舞台稽古を経ての公演だ。



今年の演目は、

「忠臣蔵外伝南部坂雪の別れ」など三題。



毎年感心するのだが、

皆さん、市民、素人とは思われない所作、セリフ回しだ。



相当に、稽古を積み重ねていることが伺える。



出演者にお聞きすると、

稽古の「一杯」が何とも良いらしい。

(なるほど、そうだろうなぁ、と容易に推測がつく。)



====



この市民歌舞伎をはじめ、

市内ではこうした様々な

活動が幅広く行われている。



函館市民の文化、芸術に対する感度の高さを

日ごろから実感している。







2)TPP

昨朝のテレビを見て、TPP議論について、

小言を書いた。



時間が無かったため、

ちょっとだけの小言だったが、

本質を外した議論を聞いて

何とも歯がゆい思いをしている。



====





TPPは社会全体の仕組みを

アメリカ的な方向へと誘導する、

大変革になる可能性がある





それなのにTPPは、

農業問題だけが課題であるかのような

印象をマスコミは与えている





TPPでは国民皆保険制度に

言及しない方向が見えているが、

だからといって国民皆保険制度が、

必ずしも守られるわけではない





皆保険制度に手をつけず、

混合診療を認めると、

間接的に皆保険制度が脅かされるおそれがある

(このことはあまり議論になっていない。)





自由貿易、規制撤廃という言葉が

良いものであるかの印象を与えているが、

その本質、内容を良く検討しなければならない



====



目先の経済、目先の金に心を奪われて、

日本の将来、日本社会のあり方などに対する、

想像力が欠如している。







ニセコの自宅はメインのストーブが故障し、

小さな補助用の暖房器で暖をとっている。

そのため室温があまり上がらないが、

これも一興か。



またテレビも故障し映らないが、

こんな日があっても良いだろう。



今日は、菩提寺に行き、

久しぶりに父母の霊前に手を合わせて来る。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・18 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください