2月19日 その2008『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.02.19



ニセコは静かに雪の降る朝を迎えた。



静かに降っているが、

確実に雪は積もっている。



朝の気温はマイナス7度程度。



日中もマイナス3度。



終日、乾いた雪の降る天候の見込みだ。







1)規模拡大とやる気

政府の「産業競争力会議」で

農業改革の議論が始まっている。



ここでもまたTPPに絡めて

農業が議論されているようだ。



TPP参加可否を農業に矮小化する、

TPPの本質を見ていない危うい議論だ。



====



この会議で、農林水産が、

農地の貸し借りをスムーズにして、

競争力をつけようとする農家に

農地を集めやすくする以下のような

新制度の検討を表明している。





農地の貸し借りの仲介をしている各都道府県の

「農業公社」の機能を強化





公社に耕作放棄地などを貸し出せば、

税金で農地や用排水路を優先的に整備してもらえ、

貸すことが得になるような仕組みにする





農業公社自身も農産物を作れるようにし、

地域の担い手の代わりにする





農業経営基盤強化促進法を改正





耕作放棄地を簡単な手続きで利用できるよう、

農地法の改正も検討



====



こうした検討案について、

「整備済みの農地をやる気のある農家に貸すので、

 借り手にもメリットがある」と評価する報道もある。



====



農業の競争力をつける、

農産物生産コストを下げる、

土地を集約化し規模を拡大する…、

これらの言葉が、いつも語られて、

日本の戸当たりの農地面積は拡大してきた。

(以下は、昭和40年と平成22年の戸別耕地面積)



・全国(約2倍)

約0.9ヘクタール → 約2ヘクタール



・北海道(約5倍)

約4ヘクタール → 約22ヘクタール



====



規模を拡大すれば、

現在の日本の農業が抱えている課題が

解決するのだろうか。



私は、もう少し丁寧な議論が必要だと考えている。



規模が大きいとされる北海道の農業も、

規模については相当なバラつきがあると同時に、

地域毎にも農業の様相が違っている。



大野平野と十勝平野の農業は、

同じ北海道でも全く質が違っている。



大野平野の農業は、

少ない面積で高い収益性を上げている。



====



面積を拡大すれば、

当然だが、農業機械の大型化など、

事業規模が飛躍的に高まる。



農業には、気候と市場、為替、

この三つの変動リスクがある。



事業規模が拡大すれば、

これらのリスク幅の絶対値は大きくなる。



このリスクに耐えられる規模とは、

どの程度のものなのか、

この辺りを慎重に考えなければならない。



====



農業で良く引き合いに出される言葉に

「やる気」がある。



大規模なら「やる気」があって、

小規模なら「やる気」が無いのか。



これもきっと違っている。



====



農地の集約化と規模の拡大は、

日本の農業を考える際に重要な視点であることは事実だが、

拡大一辺倒では日本の農業は成り立たない。



もっと地域に着目した、丁寧な議論が必要だ。



東京での机上に議論だけに左右されてはならない。



現場から、あるべき農業の姿を発信する努力を

怠ってはならない。



農業は、地球や国土、地域、人の命や心を守る、

様々な役割を担っている。



農業は、単に米や野菜を生産する企業ではないのだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・19 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 2月19日 その2008『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください