3月3日 その2020『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.03



今日は、朝から函館市内で会議のため、

早朝から移動開始だ。



月齢20日をこえた月が

南西の空に浮かんでいる。



朝の気温は4度程度。



日中は11度位になるようだ。



空に雲は少なめだ。



====



昨日の北日本は大荒れだった。



今朝の函館の気温はマイナス4度、

日中も零度か1度と報じられている。







1)東京ニセコ会

昨夕、都内で東京ニセコ会の総会が開かれた。



東京ニセコ会は、

2年前の3月に第一回目の会合が開かれ、

今回で3回目の開催となる。



私も三度、続けて参加させて頂いているが、

今年も多くの関係者の皆さんにお会いすることができた。



特にニセコ町観光大使を務めて頂いている

林家木久扇師匠にもおこし頂き、

私も久しぶりにお会いした。



木久扇師匠には、私が町長時代に、

役場の折内さんと一緒に

後楽園ホールを訪問し、

観光大使をお願いした。



以来、ニセコのことのみならず

色々な場面でお世話になっている。



昨日も、木久扇師匠から、

そのときの話などをして頂いたが、

いつもながらの心遣いに感謝したい。



====



会では、徳田会長をはじめ皆さんと懇談させて頂いたが、

本年、秋に予定されている代々木での物販イベントにも

今年も訪問させて頂くことを約束させて頂いた。



また昨年の選挙で、私が落選したことに関し、

幾人かの方から、残念でならないとの話を頂いた。



重ねて、多くの皆さんご厚情に感謝している。







2)乗り降り

以前にも書いたが、状況がドンドン悪くなっている。



「降りる方が終わってから乗る」



これは電車乗車の常識だ。



こんなことは、子どもの頃、何度も聞かされた話だろう。



お客さんが降りるのを待ち切れずに、

昔は、車内に駆け込む子どもを、

時々目にすることがあった。



ルールを守らないのは、子ども…、

そんな印象があった。



しかし今は違う。



老若男女、多くの人が、

客が降りる前に平気で電車に乗り込んでくる。



そのため降りる方にも支障が出るし、

乗り込むスピードも遅くなる。



結果として乗り降りの効率が悪くなっている。



なぜこんな単純なことが理解できないのか。



日本社会節度が変化していることの

象徴的な現象の一つだ。







今日は、終日函館市内での活動となる。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・3 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください