3月6日 その2023『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.06



今日と明日、都内で会合があるため、

昨夜遅く、都内入りしている。



都内の空には雲が一つもなく、

春の雰囲気だ。



今の気温は5度だが、

日中は、なんと18度にもなるという。



コートいらずの陽気になるようだ。







1)捲土重来

昨年の選挙後の私のことについて、

色々と心配下さっている方が多い。



昨日も、札幌で偶然出くわした知り合いに、





今、どうしているのか





今後、どうするのか



この二点が話題になった。



====



国政への一日も早い復帰を目指し、

函館事務所も従前の体制を維持しながら

政治活動を継続している。



これが私の現状だ。



この日記を読まれている皆さんも、

逢坂誠二は、捲土重来を期して、

活動を続けていることを、

チャンスがあれば多くの皆さんに

伝えて欲しいと思う。



====



この捲土重来を期すこの時期は、

私にとって貴重だ。



これまで放電することばかりが多かったのだが、

この期間に勉強したり、色々なことを吸収する、

そんな時期にしたいとも思っている。







2)講演

昨日、自治労道本部の依頼で、

自治体職員や議員の皆さんに、

地域主権改革について話をしている。





分権や地域主権改革の意義と経過





あるべき地域主権改革の姿





自治体職員としての心構え



などについて話をした。



====



私の講義に先立って、

地方自治総合研究所研究員だった高木健二さんから、

政権交代後の地方財政に関する講義があった。



交付税の削減、

国のコントロール権限が拡大する方向の地方財政について、

分かりやすく説明があった。



民主党政権下では、

自治体の責任ある自己裁量権の拡大を目指していた。



逆に自公政権下では、

国の自治体に対する権限を強め、

自治体の国への依存を高める方向になっている。



これは地域主権改革の精神に真っ向から反するものであり、

自治や民主主義の衰退に繋がるものであることを

多くの皆さんに認識して貰いたいと思う。





3)シャープ

経営再建中のシャープが、

韓国サムスン電子グループの出資を受け入れる方向で

最終調整に入ったという。



サムスンが、100億円前後を出資し、

出資比率は約3%となる見通しだという。



シャープは、サムスンへのテレビや

スマートフォン向け液晶パネルの供給を拡大する。



20年前、シャープがサムスンから出資を受けることなどは

想像もつかなかった。



時代が動いている。







4)ニューヨーク株

昨日のニューヨーク株式市場の終値は、

前日比125ドル95セント高の1万4253ドル77セント。



2007年10月9日に付けた水準を上回り、

約5年5カ月ぶりに過去最高値を更新している。



FRBなどの金融緩和で

市場にあふれたお金が高い利益を求めて

株式市場に流れこんできたことが大きな理由だという。



東京市場でも日経平均株価が4営業日連続で上がっている。



欧州市場でも株価が上がっており、

世界的な株高になりつつあるという。



====



悪くないことなのだろうが、

こうした中で、どんな社会を目指すのかを、

常に意識しておかねばならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・6 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月6日 その2023『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください