3月7日 その2024『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.07



今朝の都内は、昨日よりは雲が多いが、晴れ模様。



気温8度。



今日も日中は18度位まで上がる見込みだ。



花粉が飛ぶとの予報に加えて、

PM2.5の濃度も上がっているという。



昨夜、前回の選挙で

苦杯をなめた議員有志が集まって、

意見交換をしている。



これからも今後のことについて、

色々と情報交換をすることとしている。







1)違憲

昨年12月の衆院選をめぐる選挙無効訴訟で、

6日の東京高裁判決は選挙を「違憲」と判断した。



最高裁は一票の格差を判断する場合





著しい不平等状態にあるか





その状態が相当期間継続しているか



この二つの判断基準を用いてきた。



いずれも該当しなければ「合憲」、



前者のみ満たす場合は「違憲状態」



双方満たせば「違憲」との結論となるが、

「違憲」の場合は、

さらに選挙を無効とするか否かを判断するが、

今回は、選挙は無効とはしていない。



違憲なのに、なぜ無効にならないのか。



それは「事情判決」という考え方だ。。



「違法な処分であっても、

それを取り消すことで

公の利益に著しい障害を生じる場合は

処分を取り消さないことができる」



とする行政事件訴訟法31条の規定を用いて、

選挙無効を回避する考え方だ。



====



選挙制度については、

私も一昨年の秋から、各党との議論に携わってきた。



さらに個別に各党との調整にも当たった。



その結果、昨年、なんとか最小限の改正となる、

いわゆる「0増5減」法案が成立した。



もちろんこれで十分なものではない。



さらに昨年11月の解散は、

選挙制度を一つの担保にしてのものだった。



そうしたことも含めて、

現在の各党各会派の皆さんには、

違憲とされた選挙制度の解消に

全力を上げて欲しいと思う。



同種の訴えが全国で16件提起されているが、

今日は札幌高裁での判決が出されることとなっている。



たぶん違憲、しかし無効とはしないという、

昨日と同様の判決になるのではと思っている。



ただし違憲となれば、

国賠法に基づく、

損害賠償請求を提起することができるはずだ。



そうした事態に進む可能性も否定できない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・7 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください