3月13日 その2030『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.13



夜明け前の那覇、

空には雲が多そうだが、

気温は既に20度だ。



晴れのち雨の予報だ。



しかし予報最高気温は26度、

昨日よりもさらに高い。







1)洞穴

昨日は、ひめゆりの塔、平和の礎など、

沖縄本島南部の戦争関連箇所などを回った。



いずれの場所にも、

観光客や修学旅行生が多く訪れていた。



====



以前、南風原町の

陸軍病院南風原病院壕軍を訪問した。



ここは、

沖縄陸軍病院が米軍の攻撃で焼失した後、

軍の指導のもとで作られた、

病院の代替施設とされた約30の横穴壕だ。



実際に訪問すると、病院とは名ばかりの、

手堀の粗末な洞穴だ。



その劣悪な環境の中で、

傷病兵士の手当などを行った。



洞穴の中だがら、

糞尿や処置後の様々な廃棄物の処理もままならない、

とんでもない環境の中での活動だった。



ここに、何も現実を知らされていない

「ひめゆり学徒」が、看護補助者として投入される。



しかし、米軍の沖縄上陸後は、

この壕群病院を撤去し、別の場所へと移動する。



この際に、重要患者などには、

自決用の青酸カリが配られたとの情報もある。



移動後の新たな洞穴病院は、摩文仁などだったというが、

実際には、病院機能は相当に低下していたようだ。



最終的に、沖縄戦火が激化した6月18日、

ひめゆり学徒に解散命令が下る。



結局、生徒たちは、丸腰で、

激戦下のまちなかに放り出されることになり、

数多くの生徒が死亡する結果となってしまう。



====





敗戦が濃厚であるにもかかわらず、

本土防衛のため沖縄に米軍を引きとめるため、

民間人も含む徹底抗戦を判断したこと





ひめゆり学徒に限らず、

米兵に捕まったら殺されるという、

必ずしも正しくない情報の流布によって、

投降を遅らせたこと



沖縄戦では、

非戦闘員を含む数多くの方が命を落とされているが、

その背景に、軍や政府の判断がある。



====



為政者や権力を握った幹部層の判断、情報の出し方、

それらは当然、極めて重要なことだ。



昨日は、沖縄本島南部を歩き、

そのことを改めて痛感している。



国家の嘘、国家の誤った情報によって、

多くの悲劇を生みだす…。



それを判断した幹部に、

その痛みが必ずしも伝わらないことなど、

重たい一日になった。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・13 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月13日 その2030『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください