3月14日 その2031『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.14



那覇の空は雲が多く、

日中も曇りの予報が出ている。



夜明け前の気温は18度程度。



日中の最高気温は21度と予想され、

昨日よりも5度も低めだ。







1)地域の資源

昨日は、読谷村や恩納村などを訪問した。



沖縄県には、JAが主体となった、

ファーマーズマーケットが多いと聞いている。



今回は、そのうちの一つ

読谷ゆんた市場を訪問した。



店内に入ると、

ニンジン、レタス、キャベツ、茄子、イチゴ、

ゴーヤ、島らっきょう、ネギなどが、

溢れんばかりに、販売台に盛られている。



そのそれぞれに生産者名が記入されている。



====



ゆんたく市場の意味、願いは次のとおりだ。





生産者とお客様がゆんたく(おしゃべり)して、

様々な交流の場所として

広く親しみを持ってほしいという願いを込めた

「ゆんたく」とい う意味





読谷産の農産物に誇りを持ち、

特産品としてアピールできるように

読谷の呼称である「ゆんたんざ」の意味



====



店の外にも飲食スペースや、

タコライス等の販売スタンドもあり、

ふらりと立ち寄って、沖縄そばも食べられそうだ。



この市場のもう一つの特徴は、

施設内に農産物加工施設を設置していることだ。



地元産の農産物を使った地産地消を売りにしている。



確かに店内には、

手作りの弁当や菓子類など、加工品も多い。



生産者の皆さんが、農産物を単に販売するだけではなく、

それを加工し価値を高めようとしている努力が、

びしびしと伝わってくる。



====



ジャーに保温した白いご飯、

その脇に温められたカレー。



これを自分で入れ物に盛り付けてレジへ持って行く。



考えてみれば、これだけで販売が成り立つのだ。



====



ゆんた市場を見て、

多くの気づき、勇気を頂いた。



時間があれば、

今度は、他のファーマーズマーケットも見てみたい。



====



恩納村の万座毛も訪問した。



万座毛は、東シナ海に面した断崖絶壁が広がる景勝地だ。



万座毛の北側に万座ビーチが広がり、

そのさらに北側には、

大きなリゾートホテルが建っている。



これらのホテルと周辺は、

1982年頃から開発が進められ、

沖縄のビーチリゾートのさきがけ的な存在だ。



ホテルからの眺め、

特に夕日は素晴らしいのではないかと想像する。



湾状になったビーチも

きっと安心して泳ぐことのできる素晴らしいものだろう。



まさに沖縄の自然が作り出す、

他にはない雰囲気を醸している。



大きなリゾートホテルから望む景観は良いのだろうが、

万座毛など、周囲からリゾートホテルを眺めると、

やはり建物が大きすぎる。



あの大きさや、船ようなつくりは、

ある種豪華さのシンボルなのかもしれないが、

もっと万座ビーチ本来の素材に溶け込む、

そんな作りだったら、

地域全体としての価値はもっと上がったかもしれない。



====



地域の素材を生かすことはなかなか難しい。



地域でその素材の良さを認識することも簡単ではないし、

商売と結び付くと、

その素材の良さ判断する眼力を曇らせてしまう。



地域資源本来の良さを引き出すことに最大限の努力を傾けつつ、

その範囲での商売を考えることが重要だ。



そうすればいずれ、最大限の利益が付いてくる。



この我慢が肝心だと、私はあらゆる場面で感じている。







8日以来、一週間に渡って沖縄に滞在したが、

今日、沖縄を離れることになる。



今回の滞在を通して、多くのことを学ばせて頂いた。



沖縄の歴史を知ることは、

日本の歴史を知ることに、

さらに日本の外交の一端を知ることになる。



本来もっと、時間を割いて、キチンと勉強したい。



そんな思いを強くした沖縄滞在だった。



色々とお世話になった皆さんに、

心から感謝している。



できれば近いうちに、

また時間を確保して訪問したいと思う。



====



今日の月齢2.3日。



夕刻には、私の好きな細い月が、

西の空で眺められるだろうか。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・14 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください