3月28日 その2043『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.28



昨朝、丘珠から朝一番の飛行機で帰函し、

小川参議院議員、笹田浩道議とともに、

七飯、鹿部、森、八雲、長万部を遊説している。



今日も遊説が続くため、

今朝は、八雲町で朝を迎えた。



====



八雲の朝の気温は、マイナス2度程度、

日中は6度位になるようだ。



夜明け前の空には、雲が多い。



午後には雨になるかもしれない。







1)TPP

今回は、3日間で渡島管内を遊説する日程だ。



そのため、訪問先がどうしても限定的となる。



本来は、もっと多くのところを訪問したいのだが、

時間の制約がある。



そんな慌ただしい遊説だが、

時間の限り多くの方々と面談している。



====



昨年の総選挙の頃と全く違い、

TPPに対する懸念が大きく広がっている。



もちろん昨年時点でも、TPPへの心配を随分と聞いた。



しかし今回は、それを遥かに上回る懸念だ。



====



昨年の総選挙で、

自民党は「TPP反対」と、

大書きした黄色のポスターを随分と数多く張り出した。



候補者の中には、

「交渉参加も反対」と訴えた方も多かった。



それに安堵して自民党に投票した方も多いと聞く。



ところが今回、安倍総理は、

いとも簡単に交渉参加を表明した。



この自民党の不誠実な対応に対する、

数多くの批判が寄せられた。



====



農業関係者の皆さんからは、

酪農が壊滅状態になると、

将来を悲観する意見が多く寄せられた。



TPPを農業問題だけに矮小化し、

TPPの本当の課題、

本質を外した報道が多いことに、

疑問を呈する人も多い。



政府与党の不誠実な対応もあり、

TPP問題への懸念が一気に広がっている。



====



雑誌「世界4月号」は、

「アベノミクス」の危うさの特集だ。



TPPについては、

「最悪の選択肢・TPP」と副題が付けられた、

次の二本の記事が参考になる。



孫崎享「国家主権投げ捨てる安倍政権」

鈴木宣弘「許しがたい背信行為」



====



私は、TPPは、農業や経済問題ではなく、

日本の主権を侵害し、

日本社会のあり方を根底から変化させる大問題だと、

ずっと指摘してきた。



ここに来て徐々にそうした認識が広がりつつある。



TPPに対するキチンとした認識が、

さらに確実に浸透するよう努めねばならない。







2)憲法

今回の遊説では、

安倍総理の憲法改正に対する姿勢についても、

数多くの批判を聞いている。



====





この夏の参院選で与党圧勝となれば、

憲法改正に進む可能性が高まる





安倍総理は立憲政治を知らないばかりか、

憲法に対して誤った認識を持っている





憲法96条は、単なる改正手続きではなく、

日本国憲法の根本精神の一つ



====



こんな声をはじめ、

安倍総理への懸念を数多く聞く。



だから、夏の参院選挙は、

与党を勝たせてはいけないとの声が多い。



====



与党の、原子力に対する

不誠実な対応を批判する声も多い。



TPP、憲法、原子力など、

その課題を、地域の皆さんに対して、

継続して訴えなければならない。







3)XPERIA

私は、iPhoneとDoCoMo、

万が一の場合に備え、

2台のスマートフォンを使っている。

(携帯電話が使えなくなると、仕事が一気に滞るためだ。)



何台か新機種を試したが、

どうもDoCoMoのスマホの使い勝手が良くなかった。



ITに詳しい知り合いが、

私のそんな姿を見て、

DoCoMoのスマホなら

「XPERIA(SONY)」が良い、

と薦めてくれた。



XPERIAを使い始めて、

ひと月あまりが経過した。



なるほど確かに、

今までの機種に比較し、

格段にトラブルが少ないし、

サクサク感を感ずる。



私の周囲にも、サクサク動かないスマホに

イライラしている方も多い。



スマホ自体も随分と進化しているようだ。







今日は当初、

東京での会合が予定されていたが中止となった。



小川参議との遊説に専念できることになった。



朝のうちに今金に移動し、

桧山管内を遊説する。



夜には今金町で、国政報告会の予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・28 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください