3月29日 その2044『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.03.29



昨朝、八雲から桧山管内に入り、

終日、今金町、せたな町を

小川勝也参議院議員と遊説した。



今朝は、今金町で朝を迎えた。



夜明け前の今金、空の雲は少なめ、

雪は降っていない。



しかし道路脇の雪山は、

まだまだ高く1メートル近くもあるだろう。



函館周辺では、春耕期の雰囲気がある。



今金周辺は、光は春になってきたが、

大地まだまだ沢山の雪に覆われている。



朝の気温はマイナス2度。



日中は、4度程度の見込みだ。







1)遊説

今週日曜日夜に函館入りした小川勝也参議院議員と、

昨日まで4日間に渡り渡島桧山管内を遊説し、

多くの皆さんと面談した。



昨年の選挙時のような批判もあったが、

それ以上に、我が党の将来を心配する声が

増えた印象を受けた。



特に、TPPに対する数多くの懸念、

自民党のTPP対応に対する批判の声が多かった。



夏の参院選挙では、

小川参議の議席を死守しなければならないとの強い声を確認でき、

今回の遊説は大きな成果があったと思う。



総選挙後、私に初めて会う方も多く、

たくさんの労い、とにかく残念との声も頂いた。



そして絶対に復活するようにと、

多くの方から強く手を握り返して貰った。



本当に有り難く思う。



====



当初は、今日も遊説の予定だったが、

参院本会議のため、小川参議が上京する。



そのため予定を変更し、

今日の遊説行程は後日、再設定すこととした。



夏の参院選に向け、

全力で臨まねばならない。







2)危うさ

昨28日の北海道新聞社説に次の見出しがあった。



「安倍政権 好調の裏に潜む危うさ」



== 以下、抜粋だ ==





内閣支持率は高い





TPPの交渉参加問題などで強引な姿勢が目立ち始めた





経済政策は危うさと隣り合わせだ





金融政策への介入や、

公共事業重視の景気対策は持続性に疑問





上げを求めるなどのパフォーマンスの一方で

成長戦略の具体像は示していない





人気の高さに隠れて見えにくいが、

首相の言葉にはまやかしが多い





日米首脳会談の結果をもって

「聖域なき関税撤廃が前提ではないと確認できた」と主張し、

TPP交渉参加を決めた。

米国は参加国の一つにすぎず、

各国の共通理解ではない

衆院選公約に反しないと言うが、これは詭弁である





普天間の辺野古移設には、

嘉手納基地以南の施設返還を早めて

地元の理解を得る姿勢を見せ始めた。

普天間と切り離して先行実施するはずだった。

今になって絡めるのは筋が通らない。





国民が求めているのは、

言葉で取り繕う政治ではない





社会保障制度改革国民会議はおざなりだ



・積み残しの課題を先送りしたまま、

経済政策や震災復興で

民主党前政権を批判する態度は姑息である





発議要件を定めた96条の改正を主張。

憲法改正の発議は国会が行うことになっている。

99条にある公務員の憲法尊重・擁護義務を考えても、

首相として現行憲法に否定的な発言を続ける姿勢には

疑問を禁じ得ない。



== 以上、抜粋終了 ==



「アベノミクス」から「安倍のリスク」へ。



さらに国民の思いとは「あべこべ」の方向に進まぬよう、

しっかりと注視しなければならない。







3)二郎蕎麦

私の麺好き、蕎麦好きは、多くの方に知れ渡っている。



昨日の昼も、今金町の食堂でかしわ蕎麦を頂いた。



====



そして夜が、圧巻だった。



いつも私を応援して下さるWさんは、大正生まれの88歳。



Wさんも、大の蕎麦好き。



自分で蕎麦を育て、蕎麦を打つ。



====



昨夜の小川勝也参議の国政報告会後の懇親会場で、

Wさんが、大量の手打ち蕎麦を茹でてくれた。



私に、腹一杯蕎麦を食べてもらいたいとの配慮だ。



自家製蕎麦粉と手打ち蕎麦は、生き物だ。



その都度出来栄えが違っているが、それがまた楽しみだ。



昨夜の蕎麦は、茹で方もあって、

短めに切れる蕎麦だったが、そのことで逆に、

蕎麦そのものの味を堪能でき、実に食べごたえがある。



心底腹一杯、ホントに大量の蕎麦を頂いた。



帰り際には、打ち立ての生蕎麦を、

これまた大量に持たせて頂いた。



今日の昼も、この蕎麦を茹でて食べたいと思う。



====



Wさんの名前は「二郎」さん。



私は、心の中でこの蕎麦を

「二郎蕎麦」と呼んでいる。



Wさんの気遣いに感謝、感謝。







今日は、

朝のうちに遊説中の洗濯ものを抱えて、

函館に移動する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・29 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください