4月1日 その2047『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.01

昨日の都内は、日差しもなく、

気温が8度程度までしか上がらなかった。



朝の内は冷たい雨が降り、

雨のしずくとともに桜の花びらが地面に落ちていた。



夜明け前の都内、今日は明るい朝となった。



終日晴れ、気温も14度程度まで上がり、

気持ちの良い一日となりそうだ。



都内の桜は、いよいよ最終盤になるだろう。







1)30年

新年度のスタートだ。



1983年の今日から私は社会で働き始めた。



あれから30年、あっという間だった。



ニセコ町職員11年。

ニセコ町長11年。

衆議院議員8年。



ホントに30年が経過したのだ。



大学を卒業した頃、

こんなに早く時間が過ぎるとは思ってもみなかった。



この間、多くの皆さんにお世話になった。



成果もあったが、随分と反省も多い30年だった。



確実に人生の後半に入り、

やるべきことは明確だ。



とにかく着実、確実に歩まねばならない。



====



私の塾の小林君、浅井君も、

今日から新天地での仕事開始だ。



いつか彼らに再会する日があると思うが、

ひと回りもふた回りも、

大きく、大きくなって貰いたいものだ。



心からそう念じている。







2)立憲政治

昨日、一昨日と、

憲法と法律の違いと、

憲法尊重擁護について書いた。



これは近代憲法の基礎中の基礎だが、

あまり認識されていないことなのかもしれない。



こうしたことを日記に書いたことに対し、

多くの方から感謝の連絡を頂いた。



====


立憲主義とは



国家権力に対し、その権力の行使を制限し、

憲法に基づく政治をすること



だと言われている。



一昨日も書いたとおり、

憲法は国民から権力側に対する「権力制限規範」であり、

国家権力はその憲法に従わなければならない。



これは何度も書くが、基礎中の基礎だ。



しかし、この基礎を理解していない政治家が多過ぎる。



たとえばその代表例は、自民党の憲法改正案だ。



====



自民党憲法改正草案



第102条



全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。



2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を
負う。





====



現在の日本国憲法の99条は以下。



第99条 



天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊
重し擁護する義務を負う。



====



つまり憲法を尊重する主体が違っている。



日本国憲法では、

憲法尊重擁護義務を負うのは公務員たちであって、

国民は入っていない。



人権侵害の主体となりそうな公務員にこそ

憲法を尊重し擁護する義務を課している。



自民党草案では、まず国民に尊重義務を課している。



====



この条項をはじめとして、

自民党草案には、立憲主義の観点から、

おやっと思う部分が少なくない。







先日、JR新千歳空港駅に降り立って気づいた。



JR北海道でもパスモ、スイカが使えるのだ。



逆にいうと、キタカを首都圏でも使えると言うことだ。



何ともストレスなく、便利になったものだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・1 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



One Response to 4月1日 その2047『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください