4月6日 その2052『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.06



函館は、空全体に雲の広がる朝を迎えた。



朝の気温は5度程度、

日中は10度位まで上がるが、

夕方からは荒れ模様の天候になる。



爆弾低気圧が接近している。



要注意だ。







1)緊張感

昨日の衆院予算委員会の

午前質疑の様子を一部だがラジオで聞いた。



昨日はエネルギー・原子力に関する集中質疑だったが、

原子力問題に対する緊張感が薄れている印象を受ける。





国会事故調に対する東電の不誠実な対応





3月のネズミによる停電





原子力発電所の再稼働と安全(特にテロ)





上関原発の今後



こうしたことについて質疑があったが、

質問側も答弁側も緊迫感が薄い。



東日本大震災から2年が経過し、

よもやとは思いたくないが、

原子力災害に対する思いが、

風化する兆しがあるとすれば、

それは由々しきことだ。



原子力災害は、現在も継続中であり、

我々はこの問題と後の世代も含め、

一生付き合っていかねばならない。



否応ない執念と覚悟が必要だ。







2)景気経済

大幅な金融緩和によって、

株高、円安が進行している。



この状況を好感する声は多い。



しかし懸念もある。



====



デフレから脱却すれば、

最終的に金利が上がることになる。



金利が上がると国債の値段が下がる。



現在の国債の金利は1%以下だ。



デフレ脱却で国債の価値が下がると、

銀行の含み損が増える、

あるいは公債費の利払いが一気に上昇する可能性がある。



もう一つ、

デフレ脱却になれば、

年金が実質減額となる可能性がある。



現在、日本の公的年金制度は、

物価スライドの未実施分2.5%と

マクロ経済スライドの未実施分7.2%により、

本来より1割割高の年金を支給している。



インフレに転換した場合、この削減が行われると思われ、

年金給付は実質で1割減ることになる。



年金受給世帯に厳しい状況となる可能性がある。



====



大幅な金融緩和で、世の中は浮かれ気味だが、

影、負の側面にも留意が必要だ。







一昨日朝から、発熱、喉の痛みがあったが、

一昨日夕方には、何とかそれも治まった。



そこで夕方からまた活動を開始したのだが、

それが裏目に出たようだ。



昨朝もいつもどおり午前4時半に起き、

日記を書き始めたまでは良かったのだが、

その後、一気に発熱など風邪の症状が悪化した。



結局、昨日は外に出ることもできずに、

薬を服用しつつ、

終日、休養を取らざるを得ない羽目になった。



おかげで今朝は、多少、回復した感じがするが、

まだ本調子ではない。



何ともヤレヤレな状態だが、

今日午前の日程をこなした後は、

さらなる回復に努めなければならない。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・6 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください