4月9日 その2055『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.09



今朝の都内は、

雲が多少あるが、明るい朝を迎えた。



朝の気温は9度程度、

日中は晴れ間が広がり暖かくなる。



予想最高気温は20度を超えるだろう。



====



今日は都内で、

民主党政権の3年3ヶ月について、

シンクタンク研究者や

大学研究者などを懇談を予定している。



国民の皆さまからは、

信頼を得ることのできなかった3年3ヶ月であったが、

しっかりと検証することが大事だ。







1)第8総支部定期大会

6日、函館市内で

民主党第8総支部と

函館支部の定期大会を開催した。



大会には、来賓として、

徳永エリ参議院議員、

連合渡島の荒木会長にも出席いただいた。



====



私から次のような話をしている。





昨年の衆院選及びその後、

民主党に対する厳しい声があった





真摯に反省せねばならない





しかし地域回りをしていると、

今になって民主党政権時の政策を評価する声もある





特に新政権になってからの政策を見て、

多くの方がその違いを感じている





反省は必要だが、前向きに取り組むことも必要





特に参院選挙で現政権勢力が大きな力を締めると

大変なことになり兼ねない





そのため特に、

TPP反対、原発ゼロ、憲法96条改正反対

を明確にして戦う





TPPは関税などの経済的規制と、

労働など社会的規制が一緒くたに議論され、

今後、国がどうなるのかが見えない





また北海道社会が壊滅状態となる恐れがある





新政権は、

総選挙時にTPP反対を標榜していたのに、

その舌の根も乾かぬうちに参加表明をし、

これは有権者に対する裏切りだ





TPPについては断固反対の姿勢を貫く





原発に関し我々は、

2030年代にゼロ、

長くても原子炉は40年しか使わない、

原発新設はしないとの方針を決めた





これに対し、総選挙中に、今の与党の皆さんからは、

そんな決めごとはまやかしであり、

特に大間は政治判断で止められるのと発言があった





しかし政権交代後、

原子力政策推進の色合いが濃くなっている





こうしたことも踏まえつつ、

原子力ゼロを明確に掲げて戦う





現在の安倍総理は、

立憲主義の基本を理解しているとは思われない





憲法96条は、

硬性憲法である日本国憲法の根幹の一つ





この改正を許してはならず断固反対する



====



大会では、以上のような話をしている。



また出席代議員からは、

次のような意見質問が出た。



====





現在は、戦争にひた走り始めた昭和7年頃の状況に似ているが、

それらも念頭に、有権者に訴える必要がある





平和憲法、そして9条を守ることについて





政権担当時の様々な取り組みを振り返り、

有権者への説明が簡単ではなかったこと





TPP、原子力、憲法について、

支部の考え方と党本部の齟齬がないよう強く要望



====



大会の最後には、

「TPP交渉参加反対決議」と

安倍政権の暴走を止めること

などを内容とするアピールを採択した。



色々と厳しい状況はあるが、

とにかく前向きに進まねばならない。







2)集団的自衛権

就任当初、安倍総理は、

集団的自衛権を容認すべきとの発言を

繰り返していた。



しかし決して平等とは言えない日米地位協定のもとで、

集団的自衛権を容認すれば、日本の自律、主権はどうなるのか。



軍事的には、日本は米国の

一地域と変わらない状況になってしまうのではないか。



日米地位協定は、そんなことも想起させる。



====



ところで最近安倍総理は、

集団的自衛権を口にしないようだ。



その理由は二つか?





参院選挙前にことを荒立てたくない





日本が集団的自衛権を容認すれば、

中国などアジア諸国を刺激する可能性が高く、

このことを米国オバマ大統領が嫌った



真相は分からないが、

私はこの二つが理由かと感じている







3)貯水池

福島第一原発の汚染水処理が限界に達しているのは、

各種の報道からも読みとれる。



こんな中、処理水を貯留している貯水池から、

汚染水が地下に漏れだしていることが判明した。



この貯水池は、

地下に深さ数メートルの穴を掘り、

三重の遮水シートを施工する方式だ。



三層目の遮水シートは、

ベントナイトシートだという。



この構造を見て思い出した。



ニセコ町で、

一般廃棄物の最終処分場を検討している最中に、

こうした構造の処分場も見学した。



その処分場では、春の融雪水が多くなると、

遮水シートがズレ落ちて、

水が地下に浸透する恐れがあるらしい、

こうした専門家の指摘を受けて、その採用を見送った。



まさにそれと同じ、福島第一の場合は、急ごしらえのため、

それ以上に脆弱な構造だったのかもしれない。



私の過去の経験からすれば、

今回の漏水は、起きるべくして起きたように感ずる。



====



また今回の低気圧による悪天候で、

放射性物質の海への拡散防止用に設置している

水中カーテン「シルトフェンス」の一部が切断したという。



これによって放射性物質が、外海へ拡散したおそれもある。



切れたシルトフェンスは6号機の取水口付近。



また、1〜4号機と5、6号機の間に

魚の移動防止用として設置した

物揚げ場付近のフェンスも切れたらしい。



汚染魚も外海へ出たのだろうか。



====



原子力発電所は、一たび重篤事故が発生すれば、

手の施しようがないほど悲惨な状況になる

と多くの皆さんが指摘してきたが、

それがまさに現実のものとなっている。







4)サッチャーさん

英国のサッチャー元首相が、

8日、87歳で亡くなった。



====



鉄の女などの異名のあるサッチャーさん、

1979年、東京で初開催された

先進国サミットに来日した際のことが忘れられない。



当時の日本の総理は大平正芳さん。



私は大学1年生で、

サッチャーさんの毅然とした雰囲気に驚いたものだ。



サミットの前に開催された北大際で、

我々のクラスは、サッチャーさんの顔を張りぼて制作した。



それを御神輿のように担いで、札幌市内を練り歩いた。



あまり政治に関心のない、当時の大学生にも、

サッチャーさんは強烈な印象を与えたのだろう。



懐かしい思い出だ。



合掌。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・9 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください