4月12日 その2058『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.12



昨日は、函館事務所で仕事をした後、

市内の挨拶回りに出ている。



その途中で、大幅な交通の渋滞に遭遇したが、

なんと不発弾の処理による交通規制だった。



自衛隊の処理によって、事なきを得たが、

色々なことが起きる。



====



一昨日は、深夜まで活動をしていたため、

昨夜は、外回り、来客の後、早めに布団に入った。



しかし、止せば良いのに読みたい本や資料などを

枕元に置きなつつ、布団に入ったた。



疲れているはずなのにそれらが気になって、

パラパラめくり始めると、なかなか寝付けず、

結局、午前3時頃まで、資料などを読んでしまった。



布団を被って、眠ろうと思ったが、目が冴えて眠れないので、

日記を書き始めることにした。



====



午前3時の函館の気温は2度程度。



雨にはなっていないが、空には雲があるようだ。



今日も変わりやすい天気。



夕方までは急なにわか雨の可能性があるらしい。



風が引き続き冷たい雰囲気で、

日中の気温は、7度程度までしか上がらない。







1)インターネット選挙運動

今日の衆院本会議で、

インターネット運動解禁法案が可決され、

参院に送られる予定だ。



これによって、夏の参院選挙では、

インターネットによる選挙運動が解禁となる見込みだ。



解禁が遅すぎたと私は思っているが、

まずは第一歩を踏みだした。



しかし当面は、結構混乱すると思っている。



思い付くことを羅列してみた。



====



〈改正の概要〉



Ø 全ての人が活用できる

ウェブサイト等(HP、Twitter、Facebook、Line…)



Ø 候補者と政党のみ活用できる

(第三者の利用は検討課題とする)

電子メール(SMTP、SMS)





〈 当面は混乱するだろう(5年程度で定常化するか?)〉



通信環境は、劇的に進化しているが、

公職選挙法は古色蒼然たる規定ぶりであり、

その落差ゆえの混乱は大きい。



もっと早く解禁していれば、

ICT技術の進化に応じて、

あまりストレスなく選挙運動も変化できたはず。



30年前のパソコン通信の時代は、

時間も場所も対象者も限定的な

掲示板やメールのみ(しかも文字中心)



今は、HP、ブログ、メール、音声、動画、

リアルタイムの双方向通信を、

誰でもが、どこでも、いつでも、

瞬時に利活用可能。

(放送局よりも即効性がある)



メール利用は政党と候補者だけに限定されたが、

Twitter、Facebook、Lineなどを認めているため、

事実上、全て解禁状態と言ってよい。



そして候補者とは誰かが問題になるかもしれない。



つまり候補者本人が全て直接メール送信できとは思われず、

誰かが代理で行うなどもあろう。



こうした場合は適法なのかなど、

今後、整理すべきことが多い。



HPやサーバーの管理を委託する際に、

純然たる管理と選挙運動の境目はどう区別するのか、

これも実施までに整理する必要があろう。



なりすまし対策も必要。



政党の存在が色濃い国政選挙の場合は、

マンパワーと資金によって、各候補者の違いが出る。



個人的側面の強い小規模自治体選挙は、

もちろんマンパワーと資金の差もあるが、

インターネットに対する候補者個人の

認識、力量による差が出る可能性が大きい。





選挙期間中は、資金面の制約があるため、

選挙期間前にHPなどについて

十分な環境整備を行う必要がある。





〈 ハード面の不具合はどうすべきか〉



検索エンジンなどに対して、

特定の政党や候補者を検索し易い、

あるいはし難くした場合などへの対処方策がない。



大容量高速通信回線と

能力のあるサーバー、これらを活用できるかどうか。





〈 マンパワーと資金(カネがかかるだろう)〉



インターネット選挙解禁で

カネがかからない選挙運動が実現すると言われるが、

いつでも、どこでも、誰でも、

瞬時に発信可能な媒体に対応するために、

技術者や人力が必要であり、当面はカネがかかるものと思う。



ITコンサルタントなどの奪い合いも想定される。



つまりマンパワーと金によって、

情報発信に差が出る可能性が高い。



====



結論:



当面はインターネット選挙運動解禁で右往左往する

(メールが制限されているが、現実は全面解禁に近い。)



カネがかかる。



しかし今の公選法の運動規定が、

あまりにも古く厳格なため、

インターネット運動を解禁しても、

運動にあまり変化がないかもしれない。



公選法に既定された運動とセットで見直す必要がある。



====



ところで、電子投票についても、

今後、議論される方向が委員会では確認されたようだが、

電子投票について思うことを羅列する。



結論:

まだ実施する環境にない。



開票作業は早そうに思われるが、それ以外の課題が山積。



投票の適切さを保てるか(あまりにもブラックボックス)。



投票の証拠はどう確保するか(→結局は紙で保存する逆説)。



投票機器機材の保管と動作確認。



故障と停電対策。



大量の情報を瞬時に認識できる「一覧性」は、紙媒体に劣る電子画面。



機器機材の利権など…。



====



インターネット選挙運動解禁にあたり、

こんなことを考えている。



課題は多いが、

日常生活でのネット利活用を考えると、

解禁は遅すぎた。



様々な課題を克服しつつ、

適切な状態に軟着陸させる必要がある。







2)日米地位協定

過日、前泊博盛さんの

『日米地位協定入門』(創元社)を紹介した。



この本を読んだ、数人の方から、



目からうろこ、

初めて地位協定が分かった、

何が問題かが見えたなど、



本を紹介したことを喜ぶ、しかも強い感想を頂いた。



改めて、この本を多くの皆さんに読んで頂きたい。







今日も函館事務所で仕事をした後、

市内回りの予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・12 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください