4月15日 その2061『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.15



函館は、雲の少ない朝を迎えた。



朝の気温は2度程度。



日中は9度位になる見込みだ。



終日、雲は少なめだが、

夜はニワカ雨の可能性がある。



====



昨夜は、夕食後、早く布団に入ったが、

今朝は、いくら寝ても眠れる、そんな雰囲気だ。



目覚めは、いつも通りの時間だったが、

ちょっと油断すると、即、眠ってしまう…、

そんな雰囲気だ。



春眠暁を覚えず…、そんな感じ?







1)秋田犬

昨日、秋田犬保存会が主催する

第6回北海道道南支部展覧会が開催された。



例年この大会は、シーポートプラザを会場にしていたが、

今年は、南茅部支所前に会場を移して催された。



私は、同支部の顧問を仰せつかっていることもあり、

今年も会場にお邪魔して挨拶をさせて頂いた。



====



函館市の中心から

南茅部に会場が移ることに不安の声もあったが、

私は、今回の会場変更は大成功だったと感じた。



会場には、南茅部ならではの大漁旗がたなびき、

イベントの雰囲気を盛り上げている。



会場は、

南茅部と函館中心部を結ぶ道道83号に面し、

と国道278号(尾札部道路)にも近い。



そのため何をやっているのかと、

ふらりと立ちよって行かれる方が多く、

シーポートプラザでの開催よりも観客が多かったようだ。



足元がアスファルトではなく芝生に近い草地で、

これは出陳された秋田犬にとっても好都合だっただろう。



いずれにしても会場変更によって、

大会の雰囲気が大いに盛り上がった。



====



昨年から今年にかけて、秋田犬にとっては、

面白い出来事があった。



秋田県は昨年7月、

ロシアからの

東日本大震災被災地支援に対する感謝の気持ちとして、

犬好きのプーチン大統領に「ゆめ」と名付けた

秋田犬の子犬をプレゼントしている。



先日、その「ゆめ」とプーチン大統領が遊び戯れる写真が

ロシア政府によって公開された。



秋田犬が、日露外交に一役買っているという嬉しいニュースだ。



しかもこの「ゆめ」の誕生日は私と同じ4月24日…。



何とも言えない縁を勝手に感じている。



====



今年も多くの秋田犬愛好家の皆さんにお会いし、

さらに何頭かの秋田犬の頭を撫でさせいて頂いた。



ダイレクトな仕事とは違った穏やかな時間を提供頂いた、

平田会長をはじめ関係者の皆さんに心から感謝している。







2)誤報

一昨日、こんな誤報があるのかと思うほど、

信じられない誤報に接した。



13日朝のNHKニュースの天気予報で、

「14日は、台風並みの低気圧が接近し、

 北海道は大荒れの天候になる」と報じた。



前述したとおり14日は、秋田犬の展覧会もあり、

天候を気にしていた私は、

その予報を聞いてちょっと残念な気持ちになった。



しかも一週間前にも、台風並みの低気圧が襲来し、

各地で被害が出ている。



またなのか…、という気持ちにもなった。



====



ところがこの天気予報は、全くの誤報だったのだ。



一週間前の原稿を誤って読んでしまうという、

何ともお粗末なことが真相だ。





NHKは昼のニュースなどで、誤報をお詫びし訂正した。



それを聞いたときは、

何とも開いた口が塞がらなかった。



人には間違いはつきものだが、

それだけに、間違うことを前提にした、

様々な仕組みづくりが求められている。







3)卓上四季

昨14日付北海道新聞の

一面コラム「卓上四季」は歯切れが良かった。



テーマは教育。

教育評論家の尾木直樹さんも登場する。



== 以下、抜粋引用 ==



小泉政権以降の教育改革が事態を悪くしたと、尾木さんはみる。



成果主義に基づく学校評価制度の導入で、

目の前でいじめが起きても学校は知らぬふりをする方向に流れる。



教員が多忙になり、

生徒と向き合う時間が十分取れなくなってもいる。



いじめ対策として道徳の教科化が検討されている。

尾木さんは「ほとんど意味がない」と批判的だ。



教育は政治家のおもちゃではない。

的外れの愚策では子供たちが迷惑する。



== 以上、抜粋引用終了 ==



全く指摘のとおりだと思う。



だかしかし、政治の現場では、

圧倒的な数の多さで、

教育の柔軟性が失われる方向に進みかねない。



多いなる注意が必要だ。







今日は新聞休刊日だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・15 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください