4月16日 その2062『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.16



函館は雲の少ない朝を迎えたが、

路面はぬれている。



場所によっては、凍っているところもある。



朝の気温は零度程度。



午前中は晴れ。午後は曇り。

そして夜は雪…、こんな天候のようだ。



日中は11度程度になるというが、

変化の多い天候だ。



====



ボストンマラソンのゴール付近で、

少なくとも2度の爆発があり。

死傷者が出ているという。



信じられない、悲惨な事態になっている。







1)嘘

民主党政権は嘘つきだと、

随分多くの批判を頂いた。



====



子ども手当26千円は、13千円しか実現できなかった。



事業仕訳で、不要財源は5兆円しか見つかっていない。



高速道路無料化も、震災の影響でストップした。



普天間基地は最低でも県外は全く実現しなかった。



====



たとえば以上のようなことだ。



色々な隘路があって、一部しか実現していないことや、

普天間のように、

全く実現の目途が立たなかったものがあるのは事実だ。



もちろん農業の戸別所得補償や高校授業料の無償化、

交付税の増額、診療報酬の増額改定など、

実現したものもあるが、

実現できなかった政策があるのは事実であり申し訳なく思うし、

数多くの批判は、甘んじて受けねばならない。



ところが最近、地元歩きをしていると、

今までの批判とちょっと違った声を聞くようになった。



====



民主党の政策の未達成は、程度の問題だ。



つまり4割はできたが、6割未達成だとか、

方向は悪くなかったが着手できなかったなどのことであり、

それはそれで問題だ。



それらを達成出来れば確かに国民は喜び、

社会が良い方向に向かっただろうに、

民主党はその期待を裏切った。



しかし、今回の自民党は違う。



TPPへの積極参加や原子力の推進は、

政策実現の割合の問題ではない。



選挙のときに訴えていたことと

逆のことを積極的に行うという、全くの裏切りだ。



同じ嘘でも嘘の質が違う。



しかもその嘘によって、

社会が大きく変質する可能性がある。



民主党の不誠実さによって期待は裏切られたが、

社会が根っこから変質するものではない。



その意味において、自民党の罪は深い。



だが自民党の嘘が、正面から批判を受けないのは、

数字でその嘘を簡単に表現できないからだ。



本質的な罪は、

自民党のほうが深いはずなのに、

これを批判しないマスコミはおかしい。



もちろろん民主党も消費税は約束と違うことをしたが、

民主党は選挙で大惨敗をした。



そして消費税の導入は、

留保条件が付き、

税率アップはまだ最終決定ではない。



その意味で、

みそぎを受けることと、

最終決定をしていない誠実さがある。



民主党の嘘と、自民党の嘘、どちらも嘘には違いない。



どちらの嘘が日本の将来に大きな影響を及ぼすのか…、

そのことを考えてみると嘘の質が違う気がする。



====



最近は、以上のようなニュアンスの話を聞くことがある。



なるほどと思いつつ、政治と表現、

さらに伝え方の難しさを強く感じている。







2)サポーター・個人献金

地元で挨拶回りをしつつ、

サポーターのお願いをしている。



====



民主党サポーターは、民主党を応援したい18歳以上の方。

会費は、年間2,000円。

所属は、申し込み手続きをした総支部、

つまり私の事務所を通して行うと私の支部所属となる。



====



サポーターは、こんな決まりになっているが、

いまさら民主党に関わりたくないという方も少なくない。



サポーターとなることで

逢坂誠二個人を支えることになると申し添えつつ、

お願いに歩いている。





https://ohsaka.jp/supporter01.html





====



また個人献金のお願いも同時に行っている。



現在、私の函館事務所は、

私以外3名の体制で政治活動をしている。



またポスターやパンフレットなどにも経費がかかる。



心苦しいことではあるが、これらの活動を支えるため、

個人献金のお願いもしている。



https://ohsaka.jp/donation.html



====



色々とお願いばかりで申し訳ないと思いつつ、

サポーターの加入、個人献金のお願いをしている。







3)中央集権と画一化

昨日、政府の教育再生実行会議が提言書を総理に提出した。



内容はまだ十分に良く分からないが、

報道によれば次のとおりだ。



====





教育行政の権限と責任を明確にするため、

地域の民意を代表する首長が、

連帯して責任を果たせるような体制にする





具体的には、首長が教育長を任命・罷免





教育長を教育行政の責任者と位置付ける





教育委員会の役割を、

地域の教育のあるべき姿や

基本方針などについて審議を行い、

教育長に大きな方向性を示し、

教育事務の執行状況をチェックすると定義





政治的中立性の確保のため

教育長が教育の基本方針や

教育内容に関する事項を決定する際には、

教育委員会が審議するなどの制度上の措置を講ずる

(ただし、教育委員会の審議内容が

 教育長の意思決定にどの程度影響力を持つのかは今後の議論)



====



以上のことから、

教育の政治的中立性が問題となるとの指摘が、

報道から読みとれる。



そもそも安倍総理には、

教育への政治的影響力を強化したいとの思いがあると推測され、

今よりも政治的影響力の強い体制を意図しての会議の設置だ。



だから報道が懸念する方向となるのは当然だ。



====



また提言には、次のことも盛り込まれている。





地方教育行政への国の関与について、

原則、地方自治体が判断し、責任を負う





自治体に法令違反や子どもへの人権侵害があった場合は、

最終的には国が是正、改善の指示を行えるようにする



====



これは素通りしそうな提言だが、

教育の中央集権化の促進だろう。





教育への首長の権限を強化する。



国が中央集権的に首長に是正、改善の支持をする。



(しかも昨年の政権交代以降、

 交付税などの増減を通して自治体の政策を制御している。)



これらのことをセットで考えると、

なにやら恐ろしい気持ちになってしまう。



教育に限らず、安倍さんの発想の根底には、

お金と中央集権的統制、

そして強者には限りない自由があるように思われるが、

その先の日本は、どうなるだろうか。



今、この時点で、軽々しい断定はできないが、

極めてきな臭い危うさを感ずる。



強い国家をつくるために、

ある種の統制が必要だと考えているのだろうが、

真に強い国家をつくるためには、

短期的に効果が出そうな「強制と服従」ではなく、

長い戦略を秘めた「納得と自律」なのだと思う。







今日も朝から地元を歩き回る。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・16 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 4月16日 その2062『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください