4月28日 その2074『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.04.28



函館は、多少雲の多い朝を迎えた。



気温7度、日中は13度程度の見込みだ。







1)メーデー

昨日は、函館市のメーデーに出席し、

その後の千代台、本町、梁川町、千代台の行進にも参加した。



59団体、1600名の参加だったが、参加された皆さん、

寒空の中、本当にご苦労様。

そして警備の警察の皆さんにも感謝。



昨日は、

道内を遊説中の神本みえ子参議院議員も、

大会で挨拶をしている。



荒木連合会長はじめ、来賓の挨拶では、

安倍政権の好調さの中に潜む危うさ、

憲法の改悪、地域経済の疲弊、労働者の不安定さなどについて

多くの言及があった。



====



最近のメーデーは、5月1日がGWの中日にあたるため、

GW前に開催するケースが多い。



函館も数年前から4月中の開催だ。



そのため、名称が「メーデー」で良いのかなんて問い合わせもあるが、

あの定着した名称は、あのままで良いのだと思う。



====



メーデー終了後、神本みえ子参議と、

国政報告会、街宣、

さらに夜は関係者との懇親会に出席し、

多くの皆さんと意見交換をさせて頂いた。



感謝、感謝の一日だった。







2)政治と報道

政治と報道について、

色々な理不尽さ、不条理さを感ずることがある。



同じような発言をしても、民主党なら激しく批判され、

自公などはそうでもない。



政策も、民主の政策は、批判気味に、

自公の政策は肯定気味に伝える。



こんなことを感ずる場面がないわけではない。



====



こんな場面でいつも言われることがあるのは、

民主党のマスコミ対策、対応が

悪いのではないかということだ。



確かに、十分ではないかもしれない。



というよりも下手くそかもしれない。



もっと賢く立ち回れば、

別の結果になったかもしれないと思うこともある。



====



だがしかしだ、冷静に考えれば、

政党の対応如何によって、

報道内容が変わることがあって良いのか。



様々な力や金に振り回されることがない、

それが報道の矜持だろう。



政党の対応によって報道のあり方が変化すると、

国民が感じているならば、

それは、それで報道の悲しい現実だ。



====



結果が全てだと言われそうな世の中だから、

上手く立ち回ったものが勝者なのかもしれないが、

そこまで割り切って悪人になれないのは、

私の弱さゆえのことなのかもしれない。







2)チェルノブイリ

1986年4月26日、

例のチェルノブイリ事故が発生している。



日本も、福島第一原発事故を抱え込み、

チェルノブイリ事故が、

以前以上に深刻に感じられることとなっている。



ところがこの26日の国内のチェルノブイリに関する報道は

必ずしも多くなかったのではないか。



私自身が、

全ての報道を公平にチェックできる立場にはないので、

これは私の感覚的なことかもしれない。



私が、目にした報道は、

時事、毎日、東京、産経、NHKだった。



気づかなかっただけかもしれないが、

朝日、読売、日経、民放には、報道がなかったようだ。



報道内容には、問題意識にバラつきがあった。



時事には、

石棺などが老朽化するという強い問題意識があった。



産経は、

汚染地域チェルノブイリを原発推進の地にするという、

逆説的な現実を報じた。



毎日やNHKは、現地での慰霊祭のことを、

東京は、官邸周辺のデモとして言及している。



====



チェルノブイリは、日本の25年後かもしれない。



そういう目線で、チェルノブイリの経年変化を取材し、

その上で、日本のあるべき姿を考える報道をする。



4月26日は、マスコミ各社が、そうしたことをこぞって報道する。



そうしなければ、

福島第一事故に対する

国民の忘却のスピードは加速度的に高まると感ずる。



マスコミ各社の、再度の取り組みに期待したい。







今日4月28日、

政府は例の主権に関する式典を強行するのだろうか。



なんともやり切れないことだ。





沖縄の皆さんには、本当に申し訳ないが、

政府の式典強行を切っ掛けとして、

この日を、日米地位協定の見直しなど、

真の主権回復の出発点の日にする…、

せめて国民全体で、その意識が共有できればと思う。



今日も神本みえ子参議との街宣や、

国政報告会が続く。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・4・28 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




4 Responses to 4月28日 その2074『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください