5月1日 その2077『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.01



寝ている布団の肩口が冷たく、

寒さで目が覚める。



日の出前の函館は、

ごく弱い雨で道路が濡れている。



5月に入ったというのに、

函館の最高気温は二桁に届かない見込み。



道内の一部では、氷点下のところもあるようだが、

農作業の大幅な遅れが懸念される。







1)オープン・ミーティング

昨夜、北斗市で29回目のオープンミーティングを開催した。



今回は有志の皆さんから開催の希望があり、

昨年の選挙後、初の開催となった。



昨日は、立憲主義の基本、

さらにTPPについて話をさせて頂いた。

(原子力の話もする予定だったが時間切れとなった。)



終了後には、希望者と酒を交えて懇親会も実施した。



====



参加者の皆さんからは、

憲法と法律の違いが良く分かったとか、

はじめて憲法の役割が理解できたなどの話があった。



TPPに対する不安は相変わらずだが、

TPPは農業だけの問題ではないことが分かったとの声もあった。



====



29回目のオープン・ミーティングを皮切りに、

今後も定期的に皆さんとのコミュニケーションを

継続することとしている。



====



昨日の日記で、

朝日新聞の憲法に関する記事を紹介したが、

うまく見られないとの声があったので、

改めてリンクを貼っておく。



朝日新聞4月28日ニュー
スの本棚のリンク








2)NPO法人

昨朝は、市内のNPO法人の職員研修で、

一般の会社とNPOとの違いなどについて

話をさせて頂いた。



話が上手く伝わったかどうか悩ましいところもあるが、

私自身の話し方もさらに工夫しなければならない。







3)原子力政策

昨朝の北海道新聞に

民主党の原子力ゼロに対する、

記事が掲載された。



当時の菅総理のインタビューや、

私の声などが掲載された。



大間への枝野大臣の対応について、

事実上容認となったことに対し、

「政治的にゼロ」の対応と指摘した。



大間原発の建設許可を取り消すことは法律的にできないが、

事実上容認するまで、踏み込むのは発言をするのは、

政治的に理解は得られない。



どんなに法的、政策的に正しいことであっても、

政治的に国民に理解されなければ、

それは意味を成さない。



逆に政治的に理解されることであれば、

法的、政策的に必ずしも整合性がとれなくとも、

その判断が受け入れられることもある。



法的、政策的な正しさだけでは、

政治は動かないことを理解しなければならない。



北海道新聞4月30日の記
事へのリンク








今朝は、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を行う。



その後、市内などを挨拶に回り、

夜は、松前、木古内のメーデーに参加する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・1 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月1日 その2077『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください