1月28日 その1287『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.01.28



都内は今朝も雲の少ない夜明けを迎えています。気温は1度
程度でしょうか。

東の地平線付近に雲があるため、ここしばらくのように夜明け前のスッキリ感は
ありません。鮮やかな朝焼けとはならず、ちょっと残念です。



1)総合特区
総合特区制度の創設に向けた議論が進んでいます。

従来の中央政府の概念にとらわれずに、地域の創意工夫が十分に発揮できる、そ
んな仕組みになるよう心掛けています。

特に、法令などで、細かく規定しているルールなどを、地域の実態に応じて柔軟
に適用できる仕組みなども、強く求められています。



2)有島武郎事典
『有島武郎事典』(勉誠出版)が、昨年11月に出版されました。迷っていたの
ですが、今回、思い切って購入しました。私の人生の大半の場面で、有島武郎が
そばにいましたので、やはり購入のほうに天秤が傾きました。

事典ですから、通して読むようなものではありませんが、最近は枕元に置いて、
寝る前等にパラパラとめくっています。

多くの方が分担執筆をしており、明らかな間違いもあります。しかし、初めて見
る写真も一枚あり、習い性なのか、有島を思うと、何となく安心するというか、
心が落ち着きます。いつも手元において、パラパラとめくる一冊になりそうで
す。



3)公文書管理
一昨年、成立した公文書管理法が、4月1日から施行されます。

この法律の成立を、強く望み、かつ法案修正に携わったものとして、本当に嬉し
く思います。

しかし、政府に入って以来、本来担当業務に追われ、法施行に向けた準備状況に
ついて、あまり携わることができませんでした。このことを残念に感じていまし
たが、昨日、その進捗状況について、説明を受けています。

====

昨年7月に法施行に向け、公文書管理委員会が立ちあがっています。法施行前の
3月には、第7回目委員会が開催されるようです。この間、12月22日には施
行例が公布されています。

このように着々と準備が進んでいます。もちろんこの法の施行だけでは十分では
ありません。解決しなければならない課題は山積しています。しかし、とにもか
くにも第一歩を踏み出すわけです。

この一歩を大切にするとともに、次につなげる確実な一歩にしなければなりませ
ん。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============
   2011・1・28 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 1月28日 その1287『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください