5月13日 その2089『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.13



函館は、雲があるが、明るめの朝を迎え
た。



朝の気温は9度、

日中は13度程度になる見込みだ。



市内は、やっと本格的に桜が綻び始めたが、

開花と同時に、遅れまいとして葉も出てきた。







1)権力を抑制する

自民党の幹部が、

憲法改正に関し、次の発言をしているようだ。





衆参両院の3分の2以上の発議要件を

過半数に引き下げる代わりに

国民投票の要件を厳しくする改正を行う



国会の発議要件の意味合いは権力の抑制だ。



国民投票は、

憲法改正、それを行うことができるのは主権者、

その具現化だ。



二つの要件は、本質的には意味が違うことなのだ。



自民党の幹部の皆さんは、

何が何でも権力への縛りを緩めたいようだが、

少し冷静になるべきだと思う。







2)もんじゅ

原子力規制委員会が、原子炉等規制法に基づき、

高速増殖原型炉「もんじゅ」の

使用停止を命じる方針だと報じられている。



この判断には、

1万個近い機器の点検を怠っていた問題がある。



====



点検の放置は、昨年9月の

旧原子力安全・保安院による抜き打ち検査で発覚した。



10年以降で未点検の機器は9847個。



中性子検出器や非常用ディーゼル発電機など

最高度の安全性が求められる「クラス1」の機器が

55個もあったという。



点検担当の部長や課長らは

「(未点検を)知らなかった」と答えているようだ。



====



もんじゅは、

プルトニウムとウランを燃料に、

消費した以上の燃料を生み出す高速増殖原型炉だ。



青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場とともに、

核燃料サイクル政策の中核を担うもの。



1995年に試運転を始めた直後、ナトリウム漏れ事故で停止。



15年ぶりに運転を再開した2010年には、

核燃料の交換装置が原子炉容器内に落下。



再び停止し、これまでに1兆円近い国費が投入されている。



もんじゅを継続することは無理だと指摘する方が多いが、

点検を放置しているということは、

現場でも継続は難しいという雰囲気が蔓延している、

その証左なのだろうか。



いずれにしても、

核燃料サイクルは大幅な見直しが必要だろう。







今日から新しい週のスタート。

今週も様々なことが予定されている。



今朝は、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を実施する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・13 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください