5月14日 その2090『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.14



夜明け前、寒さで目が覚めた。



気が付くと、掛け布団がズレ落ちたまま寝ていたようだ。



寝相の悪さは、子どもの頃からのこと、相変わらずだ。



函館の空には、雲が広がっている。



終日、雲の多い一日となる。



朝の気温は8度。

日中は16~17度程度になる見込みだ。



====



朝一番から、

昨日、日記に書いた「もんじゅ」の不適切さや、

東電が福島第一原発付近の地下水を海に放出するなど、

何とも聞きたくもないニュースが流れている。



経済の調子の良さばかりに目が奪われるが、

(本当は注意が必要な経済情勢だが。)

その陰で、見過ごしてはいけないことが、

どんどんと進行している。







1)憲法

昨夜、函館市内で、

憲法を考える方々の会合に出席した。



この会合で、色々なことを学ばさせて頂いた。



====





「憲法とは何か」を

多くの皆さんに伝えることは簡単ではない





憲法は、私たちの生活に身近なものであるが、

それに関心を持ってもらうことは大変





お金をかけずに憲法のことを

多くの人に知ってもらうことも至難の技



====



これらは当然のことだとも言えるが、

私たちの国の根幹を支える憲法のことに関し、

私たちはあまりにも無理解なのだと思う。



とにかく、とにかく愚直に、地道に、

伝える活動を続けなければならない。



====



憲法は、大臣、国会議員、裁判官、公務員などが守るもの。



法律は、国民が守るもの。



====



法律は、国会でしか決められない。



憲法は、国民が決めるもの。



====



この単純な事実を出発点にして、

憲法のことをさらに考えたい。







2)国債相場など

円安と株高に目を奪われているが、

長期金利の動きが気になっている。



金融緩和の影響で、

徐々に金利が上がるのではないか…、

心配は尽きないが、

国債相場が不安定になりつつある。



長期金利も0.8%程度にまで上がった。



こうした傾向が強まれば、

調子が良さそうに見える経済の動きは、

一気に雲散霧消するどころか、

大きな悪影響が出かねない。



注意が必要だ。







今朝も、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を実施する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・14 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください