5月22日 その2098『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.22



函館は、若干の雲があるが、

まあまあ明るめの朝を迎えた。



朝の最低気温は9度。



日中は19度との予報だ。



全国の天気予報によれば、

京都は今日、32度にもなるというが、

北海道は午後には、

にわか雨の可能性もある。







1)筋が通らない

経済産業省は20日、

総合資源エネルギー調査会の総合部会で、

2030年までに世界の原発が

90~370基程度増えるとの試算を示している。



経済成長に伴うエネルギー需要の拡大が理由だというが、

新たなエネルギー基本計画案の検討に当たり、

日本の原発輸出を促す根拠とする思惑があるのでは、

と報じられている。



====



福島第一原発事故収束見通しが立たないうえ、

日本国内の原子力発電に対する基本姿勢も定まらない中で、

売り込みに力を入れるのは筋が通らない。



====



一方でこんなニュースが流れている。



ソフトバンクが、

北海道安平町の2カ所と

八雲町の計3カ所で計画していた

大規模太陽光発電所について

建設計画の見直しを決め、中止になる可能性が高い。


ソフトバンクは、

3カ所で18万キロワット以上の発電を予定していた。



北海道電力は、

固定価格買い取り制度導入に伴う

大規模な太陽光発電の受け入れは、

出力2千キロワット以上で40万キロワット程度が限度としている。



北電によれば、

天候で出力が変わる太陽光発電の割合が増えると

電力供給が不安定になることが理由とのこと。



昨年の電力の固定価格買い取り制度の導入によって、

北海道内では、

2千キロワット以上の売電申請は4月末時点で

87件、156万8千キロワットに上っているが、

この7割以上が実現困難となる可能性が高い。



====



中央レベルでは、

原発輸出の伏線が敷かれる。



地方レベルでは、

自然エネルギーを推進したい民間の思いとは逆に

自然エネルギーの受け入れが進まない。



3.11から私たちは一体何を学んだのか…。



あの事故が無かったかのような対応に心が痛む。



道内で156万キロワット以上の

メガソーラーの計画があるということは、

原発一基分を超える発電量だ。



3.11事故を体験した我々は、

メガソーラーの推進に関し、

平時とは違う特別な決意をもって取り組むべきだ。



政府や関係者には、

その決意を促す取り組みを改めて要請したい。







2)北斗龍

力士「北斗龍」が凄い。



北斗龍は42歳、序二段だ。



初土俵から27年間、

1場所も休まず相撲を取り続けている。



今の夏場所は、163場所目となる。



函館の桐花中時代は柔道部だったという。



177センチ、100キロの体格が、

北の湖親方の目に留まり、中学卒業後に北の湖部屋に入門。



1986年3月に初土俵を踏んだ。



最高位は24歳だった95年夏の三段目53枚目だ。



====



通算成績は521勝611敗だが、どんな成績であれ、

27年間も休まずに、プロの世界で続けるのは、

尋常なことではない。



北斗龍から学ぶことは多い。



思わず頑張れ、頑張れと叫んでしまう。







今朝は、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を行う。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・22 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月22日 その2098『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください