5月23日 その2099『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.23



昨夕、札幌で会議があり、

今日は札幌で朝を迎えた。



====



札幌の朝は、雲が多い。



終日、曇りの予報。



今の気温は9度位、

日中も14度までしか上がらず、

リラ冷えの様相だ。



====



今日は、朝一番の飛行機で帰函し、

湯の川の北洋銀行前、

本町交差点で朝の街宣を行う。



函館の気温は、札幌よりも高く、

朝は12度、日中は18度程度の見込みだ。



札幌よりも雲が少ないが、

にわか雨の可能性がある。







1)長期金利

安倍政権の経済政策による、

長期金利上昇に対する心配をしていた。



金利が上がると、さまざまなところに悪影響が出るが、

財政面では、国債などの利払いが一気に増えることだ。



金利1%の上昇で、国債の利払いは、

年間で数兆円増加すると言われている。



そうなれば、消費税額の半分程度が

利払いだけで消えることになる。



最近、金利上昇傾向の動きが見られ、

日銀の黒田総裁も、昨日、このことに言及した。



====



黒田総裁の発言要旨・雰囲気は、次のとおり。





大規模な金融緩和後に

長期金利が急上昇していることについて、

過度な変動は回避しないといけない





抑制に努める意向を強調





ただ、完全にコントロールできるものではない





(金利が)かなり激しく乱高下して、ややふれが大きかった





(市場は)まだ落ち着きどころを探している。十分注視していく





金利には景気回復などの期待の要素がある。





それは次第に(金利が)上がっていく要素





金融市場に安心感を与えるために、

国債の買い方を見直す方針





具体的には、毎回の(国債を買う)金額を小さくして、

頻度を大きくすることもできる



====



以上からわかる通り、

黒田総裁は金利市場の混乱を認識し、

その上で、国債買い入れ額を縮小させるかわりに、

これまで月8回程度だった買う回数を増やすようだ。



これからも長期金利の推移は、

相当な注視をしなければならない。







2)佐藤泰志

函館出身の作家「佐藤泰志」に関する色々な動きが、

息長く、かつ根強く続き、本当に嬉しい。



====



佐藤泰志は、1949年4月26日は、現在の若松町で生まれた



1965年 北海道立函館西高等学校に入学し文芸部に入部



1966年 小説「青春の記憶」が第4回有島青少年文芸賞優秀賞を受賞

1967年 小説「市街戦の中のジャズメン」で第5回有島青少年文芸賞優秀賞を連続
受賞



有島青少年文学賞優秀賞の二年連続受賞は、今もいないはず。快挙だ



だが、「市街戦のジャズメン」は、

高校生が書いたものとしては内容的に問題があるとされ、

北海道新聞への掲載を拒否されている

(逆にいうと、それほど「凄い」のだ)



高校卒業後、函館で浪人生活を送る



「市街戦の中のジャズメン」を書き直し、

「市街戦のジャズメン」と改題して『北方文芸』に掲載



1970年 上京して國學院大學文学部哲学科に入学



その後、就職する時期もあるが、執筆活動を続ける



====



1981年 『文藝』9月号に掲載の小説「きみの鳥はうたえる」が第86回芥川賞候補
作となる

1982年 『新潮』10月号に掲載の小説「空の青み」が第88回芥川賞候補作となる

1983年 『新潮』6月号に掲載の小説「水晶の腕」が第89回芥川賞候補作となる

     『文學界』9月号に掲載の小説「黄金の服」が第90回芥川賞候補作と
なる

1985年 『文學界』5月号に掲載の小説「オーバー・フェンス」が第93回芥川賞候
補作となる



1990年 自殺。享年41歳



====



2007年 出版社クレインが作品集を刊行



この作品集の出版が契機となって色々な動きが再スタートする。



多くのファンの働きかけで、『海炭市叙景』が映画化される。



さらにそれが追い風となって

2010年以降に『海炭市叙景』『移動動物園』『そこのみにて光輝く』が、

次々と文庫で復刊され再評価がなされる。



====



そして、今般、

映画監督「稲塚秀隆」さんの手によって、

佐藤泰志のドキュメンタリー映画

「書くことの重さ~作家・佐藤泰志の生涯」」が完成した。



====



さらに、小説「そこのみにて光輝く」が、

「海炭市叙景」に引き続き、

市民有志らによる企画で映画化されることになった。



監督は、

映画「オカンの嫁入り」で新藤兼人賞を受賞した呉美保さん。



6月末から7月にかけて市内でロケ。

来年初夏から夏頃に上映する予定。



====



波乱万丈の佐藤泰志の人生だった。



私も有島青少年文学賞2年連続の受賞者として、

随分前から注目していたが、

私が函館に来て以降、

佐藤泰志に大きく光が当たっていることが本当に嬉しい。



====



そして、さらにさらに、



既に完成した、佐藤泰志のドキュメンタリー映画

「書くことの重さ~作家・佐藤泰志の生涯」の試写会が、

本日、18時30分から、地域交流まちづくりセンターで開催される。



この試写会は、以前から楽しみにしていたものだが、

何とか日程をやり繰りして、

今夕は、私もお邪魔できる見込みだ。



加藤登紀子さんの演技も、

エキストラで出演しているであろう知り合いの動きも含め、

実に楽しみの多い映画だ。



====



以前から、注目している佐藤泰志さんが

こんなに元気になって、

改めて嬉しさを噛みしめている。







3)いよいよ登頂

80歳のエベレストチャレンジャー、

三浦雄一郎さんが、本日、山頂にアタックする予定だ。



いつも私のことを気にかけて頂いている三浦さんだが、

是非、是非、成功して貰いたい。



祈るような気持ちで、今日一日を過ごしたい。







朝一番の飛行機で帰函し朝の街宣の後、

地元活動に入る。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・23 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください