5月27日 その2103『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.27



函館は日の出前、

ガスのかかる朝をむかえたが、

日中は晴れるようだ。



朝の気温は9度。



日中はついに20度をこえて、

22度になる見込みだ。







1)連合後援会

昨日、私の連合後援会の総会が

函館市内で開かれた。



良い天候の日曜日、

行楽日和、運動会日和だったが、

多くの皆さんに出席頂いた。



今回の総会で、金井会長が顧問に就任し、

新たに若杉函館後援会長が連合後援会長に就任した。



私からは、

これまでの金井会長の支援への御礼を申し上げ、

若杉会長には、

改めてお世話になること、

さらなるご支援のお願いの挨拶をしている。



また国政復帰への決意も、

改めて皆さんに伝えさせて頂いた。



多くの支援者の皆さんからも激励の声を頂いた。



総会終了後は、懇親会を行い、

私も昼間からなんと8時間も呑み続けてしまったが、

多くの皆さんと日頃以上に濃密な交流ができた。



皆さんの支援に、感謝、感謝。







2)TPP

TPPに関し、改めて思う。



こんな馬鹿な交渉に、絶対に参加すべきではない。



私には、狂気としか思われない。



====



昨日の新聞各紙の報道で、

予め分かっていた次の事項が、

さらに強く確認されている。





日本の交渉期間がほとんど確保されない





すでに各国間決まった交渉内容は、

交渉参加まで明らかにされないうえ、

国民には公開されない。



====



TPPは単なる貿易交渉ではなく、

慶応大学の金子勝先生が次の指摘をしている。



「日本の法律や制度を

アメリカの国内法やルールに従わせること」。



つまりTPPに加入することは、

日本の国のかたちを変えかねないことであり、

日本のことであるにもかかわらず、

日本人が決められないという、

日本の独立国としての主権に関わる問題だ。



TPPこれほど激しい内容であるにも関わらず、

交渉時間がない、情報が公開されない、

こんな理不尽な条件で

交渉に入るのは絶対にすべきではない。



TPPの内容もさることながら、

交渉方法も信じられないものだであり、

TPPからはとにかく撤退すべきだ。



加えて、日米地位協定をそのままにしての

TPP参加は、日本の主権を大きく侵害することになる。



====



日本の貿易が活発化することは重要だ。

したがって二国間などのFTAやEPAで、

丁寧に乗り越えて行くべきなのだ。







今日は、講演資料の準備などに充て、

夜は、いくつかの会合が予定されている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・27 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月27日 その2103『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください