5月28日 その2104『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.28



函館は雲の多い朝を迎えたが、

今日も日中は晴れそうだ。



朝の気温は高めで15度。



日中は22度程度になるようだ。



昨日、ニセコの知人から、

やっと桜が咲き始めたと連絡を頂いたが、

ニセコいこいの村周辺の山桜はまだ蕾だという。



5月も下旬だが、

春本番はもう少しの地域もある。







1)インターネット選挙運動

インターネット選挙運動を解禁する公職選挙法が、

一昨日26日から施行された。



この7月の参院選挙から

インターネットによる選挙運動が可能になる。



私の事務所でも、

この法改正にどう対応すべきかを、

色々と検討しているが、

ネットによる発信は24時間四六時中可能になる。



さらに媒体が多様だ。



つまり情報発信しようとすればするほど、

いくらでもやることがある。



正直な感想を言えば、

労力とお金次第で、様々なことが可能になる。



もちろん私の事務所では、

労力も財源も限られている。



少ない財源で、最大限何ができるのか、

試行錯誤を重ねつつ、検討中だ。



====



インターネットは、新聞雑誌、テレビ、ラジオ以上に、

受け手の皆さんの能動性に左右される媒体だ。



情報の発信者側がどんなに情報を出しても、

受け手の側に受ける取る気持ちがなければ、

何の影響も持ち得ない。



そもそもインターネットによる情報を、

色々な理由で受けられない環境にある方も多い。



当面はどんなにインターネットによる情報発信が活発化しても、

紙や直接のコミュニケーションなど、発信媒体は多様であるべきだ。



色々と悩みつつ、検討中だ。







2)懸念

安倍政権の経済政策にいくつかの懸念があったが、

先週からの株価の乱高下から下落、

さらに長期金利上昇の雰囲気など、

嫌な動きが目につき始めている。



こうした中で、

財務大臣の諮問機関「財政制度等審議会」が、

昨日、財政再建のための報告書をまとめた。



====



報告書では、

日本銀行が金融緩和のために

大量の国債を買っているのに甘えて

政府が野放図に借金をふくらませれば、

「国債の信用が失われて長期金利が急上昇しかねない」

と警鐘を鳴らしている。



===



日銀の年間国債購入額は

政府の年間の国債発行額の約7割にあたる

約80兆円に達している。



この中で、

政府が財政再建を怠ると借金がふくらむ。



金融機関など投資家の信用を失って国債が売られる。



国債価格が下がり、その分、国債につく金利が上がる



景気を冷やす上、政府の借金返済利子が上がる。



こうなれば、

結果として、国民生活に回る予算が、

さらに減りかねないことになる。



財政審の答申には、

次の事項が盛り込まれている。



====


【年金】



・高所得者への年金給付を削減



・年金支給開始年齢の引き上げ



【医療】



・高齢者医療費の自己負担増



・国民健康保険の運営を市町村から都道府県に



【介護】



・介護保険利用者で所得が高い人の自己負担増



・介護の程度が軽い人への給付見直し



【雇用、その他】



・雇用保険への国費負担引き下げ



・地方交付税の特例的な上乗せの解消



====



上記の多くは、国民生活に大打撃を与える事項だ。



安倍政権の経済政策は、

一見、調子が良さそうに見えるが、

国民生活に悪影響を与えかねない懸念が多く、

調子の良さそうなその益がどこに回るのか、

キチンと検証しなければならない。



以前にも指摘したが、

だからこそ、

内需、実需に繋がる政策が必要だと、

訴えているのだ。







3)運動不足摂り

朝の街宣や夜の会合など、

様々な活動が活発化している。



また各地での講演も少なくない。



こんな生活の中で、

完全な運動不足に陥っている。



慌てて食事をとり、慌ただしく次の活動に入っている。



随分と体を動かしているように見えるが、

有酸素運動などの

体質改善に繋がるような体の動きではない。



毎日同じ時刻に、

同じ行動ができるような生活ではないことはもとより承知の上だが、

そんな中でも、休息、睡眠、栄養、そして運動、

これらにバランス良く、強制的に配慮しなければならない。







====



今朝は、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を行う。



====



今夜は、札幌で、

「逢坂誠二の話を聴く会」の5回目が開催される。



当日会場に直接おこし頂いても参加可能だ。



今日のテーマは、

「日本を、地域を、どう捉えるか」だ。



https://ohsaka.jp/article-6868.html



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・28 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月28日 その2104『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください