5月29日 その2105『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.05.29



昨夜、札幌市内で、

5回目となる『逢坂誠二の話を聴く会』があったため、

今日は札幌で朝を迎えた。



札幌は雲の多い朝を迎えた。



朝の気温は、15度と高めだが、

日中は20度に届かず、

昨日よりも大幅に気温が下がる見込みだ。



====



昨日の遠軽の最高気温は32.7度。



日本で一番高くなっているが、

今日以降、気温の低い状態が続く。



株価じゃないが、

気温も乱高下状態のようだ。







1)F15

昨日午前8時45分ごろ、

那覇市の北東約120キロの海上で、

沖縄県の米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落した。



米軍嘉手納基地は「原因は調査中」だという。



====



この記事の扱いに驚いている。



各社とも扱いが極めて小さい。





国内の戦闘機事故は、以下のように多い。





2006年1月に嘉手納基地所属のF15が

沖縄本島東約80キロの空域で訓練中に墜落





2002年に訓練中だった同基地のF15が

本島の南約100キロの海上に墜落





2008年9月に福岡県築城基地のF15が

山口県萩市沖で墜落





2011年7月に航空自衛隊那覇基地のF15が

沖縄本島沖で墜落



2012年7月に三沢基地のF16が

千島列島沖で墜落



====



これだけ墜落が多いから扱いが小さいのか…。



どうも理解し難い状態だ。



特に4月28日のことを思うと、

沖縄での米軍機墜落は、

もっと深刻に真摯に受け止めるべきだ。







2)ジェネリック
昨日も言及した財務大臣の諮問機関である「財政制度等審
議会」が、

27日にまとめた報告書に次の事項も含まれているが、驚きだ。





====



薬価の保険適用は後発医薬品(ジェネリック)の価格を上限とし、

先発品との差額は患者の自己負担とする



====



ジェネリック医薬品は、

新しく開発した薬に比較し、開発コストが大幅に低い。



そのため価格が

(薬によって違いはあるが)、

新薬の2~7割に設定されている。



一般的には、長期間の服用が必要になる薬ほど、

当然だが、価格の違いが出てくるだろう。



====



薬価への保険適用を

ジェネリックの価格を上限とするというが、

そんなことをしたら国民の負担増は相当なものだろう。



もちろんこの「差額」は、

保険適用後の差額なのか、

保険適用前の差額なのか、

それによって自己負担額は

数倍程度の差となるが、

いずれにしても大幅な負担だ。



====



こうしたことが万が一適用され、

公的保険から除外された差額分を

民間医療保険で補えることになったら、

所得差による医療格差が生まれかねない状況になる。



新政権になって、

社会の弱い部分への

しわ寄せ懸念が高まっている。



先発薬と後発薬の薬価差を自己負担させるのではなく、

適切な診療を目指すことが先だと思うし、

ジェネリックの普及を図りたいのなら、

もっと正攻法で行うべきだ。







今日は都内で会合のため、

朝のうちに札幌から東京に向かう。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・5・29 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月29日 その2105『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください