6月12日 その2119『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.06.12



都内は、空全体が厚い雲に覆われる朝を迎
えた。



少し遠くの建物が、霧で煙って、いつ雨が落ちてもおかしくない状態だ。



今の気温は19度。



日中も雲が多く、終日、雨がちの天候のようだ。







1)腱鞘炎

ここひと月あまり、

右腕の肘から下の部分に変な痛みを感じていた。



ところが徐々にその痛みが強まり、

最近では鞄も持てないし、

PCを持ち上げるのも苦痛になっていた。



詳しい方に相談すると

腱鞘炎かもしれないとのことで、

昨日、専門医の診察を受けた。



結果は、やはり腱鞘炎とのこと。



医師からは、

ゴルフ肘などと呼ばれるものとのことだが、

私は、ゴルフもテニスもしない。



何が原因か分からないが、

いつも持ち歩いている重い鞄が原因かもしれない。



医師からは、当面安静にして、

ものを持たないようにとの指示があった。



痛みが引くまでには、

結構な期間がかかるとのことだ。



治療法は、いくつかあるようだが、

医師曰く、安静が一番とのことだが、

そうも行かないのが現実だ。



結局、シップ薬などで対応することとした。



====



手の指、

ヘベルデン結節の状態も診てもらった。



私も初めてレントゲン写真を見たところ、

確かに指の第一関節の骨が潰れている。



随分と病状が進行しているとのことだが、

こちらも推移を見守ることになった。



腱鞘炎もヘベルデン結節も、

定期的に診察をしてもらうことになりそうだ。



こうした痛みを抱えていると、

どうも心が晴れないが、

上手く付き合うしかないのだろう。



我慢、我慢。







2)TPP

TPP加入で日本の農業が世界一になる

と主張されている方の考え方を、

ある方に薦められて、以下など、

多少勉強させて頂いた。



====





日本の農業に関する議論は、

日本農業が弱いことを前提にしているが、

これはおかしい





農林水産省が発表する

日本のカロリーベース食料自給率は、

先進国の中でも最低の水準にある





しかし、農業生産額面で見ると、

日本は、中国・アメリカ合衆国・インド・ブラジルに次ぐ

世界5位の農業大国





食料安全保障は食料自給率の問題ではなく、

本来的にはリスクマネージメントの問題。





日本政府の自給率向上政策には

問題のすり替えがある





農産物売上が1000万円以上の経営者層に限れば

12万件、0.3%が

国民の購買・消費する食料の70%を生産・販売





日本の3分の一が農家世帯であった

1960年代と比べれば、100分の一



・農家の総生産額は

現在、2兆円だった当時の4倍、8兆円を超え、

単純計算で約300倍の能率向上を実現済





農家は現代ニッポンにおいて、

選りすぐりの超少数派・超エリート集団





農業界は1960年代からGATT、

80年代はAPEC、90年代はWTOウルグアイラウンド、

2000年に入ってドーハラウンド、FTAと

国際的で多面的な自由化交渉を長年、ウオッチしてきた





農業は、様々な分野の自由化の潮流を誰よりも感じ、

その波に乗ってこれまで成長してきた





日本が世界一の農業大国になる、

その「世界一」とは、

「農産物輸出額」と「農業投資収入」





なぜ日本が世界一になれるのか。

その実現のためにTPPルールによる関税撤廃が前提





適正品質、適正価格の食材が

世界中から輸入できるようになれば、

日本の食品産業の商品開発力・販売力は飛躍的に向上





「農業投資収入」面では、

グローバル化した農業の世界で

日本農家のノウハウ・技術力・経営力をトータルに示せる点で優れている



====



その方は、

以上のようなことを述べて、

日本の農業は世界一になれるし、

そのためにTPPに加入すべきとの考えのようだ。



====



この農業に対する考え方が正しかったと仮定しても、

それがTPPに参加する理由になるのというのは

論理の飛躍ではないかと感ずる。



農産物の関税撤廃が、

日本農業世界一の条件だとするならば、

TPP以外の貿易交渉でも、

それは実現可能なことだろう。



もう少し勉強してみたい。







今日は、早朝の内に函館に移動し、

湯の川で街宣。



その後、函館市内で仕事を行い、

札幌経由で帯広に入り、小川参議集会で、

応援の挨拶をする予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・6・12 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月12日 その2119『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください