6月15日 その2122『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.06.15



函館は、雨の朝を迎えた。



農家の皆さんには、恵みの雨になるだろう。



連日、密度の濃い時間を過ごしている。



地元回り、講演、会合など、

ぎっしり詰まった日程が続いている。



さすがに疲労感があるが、

今日も頑張らねばならない。







1)公共投資

安倍政権の経済財政政策の一環として、

公共投資予算が増えている。



私は、小渕内閣の頃の経験も踏まえ、

地域には公共投資予算の消化能力があり、

それを超える予算付けは、

予算を効果的、効率的に執行できなくなる

可能性があると指摘してきた。



====



三日前は帯広、

さらに一昨日と昨日、

小川参議、福原道議と一緒に、

桧山管内を回らせて頂いたが、

そのことを実感している。



建設事業者の皆さんは、

今回の予算増に対し、

大きな期待を抱いていることは事実だし、

そのことを批判する方はいない。



しかし良く良く話を聞くと、

随分と課題が多く、

建設業界を取り巻く状況に

混乱が生じていることが理解できる。



====





多額の予算付けにも係わらず、

設計などの準備が整わず工事が発注されない





役所では予算をさばけないため、

工事発注情報が適切に出てこない





東日本大震災の復興予算もあり、

日本全体で公共投資予算がダブつき気味になっている





そのため資材、

人件費など、さまざまな経費が上がっている





特に落札契約後、

公示単価が値上がりすることが多く、

事業者のコスト割れ状態が頻発し、

工事ができない場面もある。



====



こんな実態が伝えられている。



公共投資は、即効性のある景気対策と言われる。



だが限度を超えると

弊害が少なくないことに十分な注意が必要だ。







今日も密度の濃い一日だ。



午前は、横路孝弘さんを招いていの憲法に対する学習会、

午後は、片山善博元総務大臣の講演会などをはじめ、

夜遅くまで対応すべき案件が詰まっている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・6・15 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください