6月21日 その2128『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.06.21



函館は、今日も雲の多い朝を迎えた。



今の気温は15度。



これから雲が減って、

日差しが届くこともあるようだが、

終日、雲が多くにわか雨の可能性あるようだ。



変わりやすい天気となるようだ。



日中も18度までしか上がらない。







1)小川勝也参議院議員

昨夕、小川勝也参議院議員が来函した。



私も、朝の街宣に引き続き、

夕刻も湯川、美原、

さらに本町でも街宣を行った。



見附市議も応援に駆けつけ、

3人での街宣だ。



====



小川参議は、以前、次のようなことを語っている。



民主党政権は、

マニフェストが十分に達成できず、

国民の皆様に「不快」な思いをさせたことは事実だ。



しかし安倍政権は、平和主義を後退させ、

基本的人権を弱め、国家主権を強化し、格差を助長する。



つまり民主党への「不快」な思いから、

自民党政権への「恐怖」に変わる。



このことを国民の皆様に伝えねばならない。



====



不快から、恐怖へとの指摘、まさに傾聴に値する。



====



また小川参議は、次の指摘もしている。



かつて自民党は、

一次産業、中小企業、地方や弱者を大切にしていた。



しかし、今は、グローバル企業や大企業、

製造業、都市や強者を大切にしている。



かつての自民党とは違っている。



====



この指摘、全く同感だ。



それにも関わらず、従来の支持者も自民党を支持し、

そのことによって旧来の支持者が辛い境遇になっている。



本当は支持政党の転換が必要なのだ。



====



この間、街宣や市民の皆さんとの意見交換で、

色々なことが実感として浮かび上がって来たことがある。



国家経済の成長で、国民が幸せになる時代は、

もう既に終わったということだ。



1950年代後半から1970年頃までは、

国家経済の成長で多くの国民が幸せになる、

一億総中流の社会が実現できた。



その後、社会のグローバル化と

社会全体の見かけ上の効率性の追求が進んだ。



この結果、少なくとも21世紀に入ってからは、

国家経済が成長しても、

多くの国民が幸せになる社会ではなくなった。



国家全体で益が上がったとしても、

それは国民個々人の益にはならず、

国内外大手企業の内部益や投資家の益になる。



このことによって、

個人、企業、地域の格差がさらに広がっていく。



だからこそ、財政政策によって、

その格差を補正しなければならない。



ところが、安倍政権は、財政の格差是正機能とも言える、

地方交付税や福祉などを縮減させるている。



この政策が進展すれば、格差はますます拡大する。



====



ところが、多くの国民は、

日本の経済が成長すれば個々が幸せになると、

未だに思い込まされている。



経済が成長すれば、自分も幸せになれると信じて。

自民党政策を支持する皆さんが多い。



しかしそのことによって、

逆に自分を格差社会の底辺に追い込む可能性が高い。



====



最近はこんなことを実感している。







2)ボイストレーニング

以前から、私の声、話し方には無理があると感じており、

いずれ専門家の指導を受けたいと思っていた。



私の声は、大きいが、

攻撃的で、温かみに欠けると感じていた。



小さな声での少人数の会合には向かない、

そんな印象も持っていた。



加齢とともに滑舌の低下も感ずるようになり、

それを防ぐトレーニングも受けたいとも思っていた。



しかし、そんなチャンスが無いままに時間が過ぎていた。



ところが過日の女性起業家協会の会合で、

偶然にもボイストレーナーの先生にお会いすることができた。



そこで早速、相談し、

昨日、体験レッスンを受けさせてもらった。



やはり私は、腹式呼吸も、胸骨を使う響きも、

背骨の柔らかさなども十分ではなく、

指導ポイント満載のようだ。



年齢も年齢なので、

どの程度上達するか分からないが、

少しでも進化できるよう、

今後、定期的にレッスンを受けることとした。



昨日は、こんな長年の念願が叶った一日だった。







3)人間のための経済

安倍総理のG8帰国後のはしゃぎぶりというか、

無邪気な喜びようを見ていると、

不安以上の恐怖を感ずるのは私だけだろうか。



一国の総理に対して失礼だとは思いつつも、

G8の成果を自画自賛するあの姿は、

どう見ても「お子ちゃま」なのだ。



====



G8では、各国から評価を受ける部分もあったのだろう。



しかし、なぜ各国が評価したのか、

その意味を十分に考える必要がある。



つまりそれは、必ずしも日本の利益ではなく、

各国の利益にも繋がるからだろう。



一方で日本を名指しして、

中長期的な財政の安定性を得るための対応を求められた。



つまりこれは、

日本自国の利益は、海外と共有するが、

痛みは日本国民で分かち合えという意味なのだ。



これから多くの国民が辛い立場になる可能性が高いのに、

そのことを感じもせず、

自画礼賛をするお子ちゃまぶりを見ていると、

行く末が恐ろしく恐怖すら感ずるのだ。



こんなときに、皆さんに笑われるかもしれないが、

2009年10月26日の

鳩山総理の演説を忘れることができない。



== 以下、一部引用 ==



市場における自由な経済活動が、

社会の活力を生み出し、

国民生活を豊かにするのは自明のことです。



しかし、市場にすべてを任せ、

強い者だけが生き残ればよいという発想や、

国民の暮らしを犠牲にしても、

経済合理性を追求するという発想が

もはや成り立たないことも明らかです。



私は、「人間のための経済」への転換を提唱したいと思います。



それは、経済合理性や

経済成長率に偏った評価軸で

経済をとらえるのをやめようということです。



経済面での自由な競争は促しつつも、

雇用や人材育成といった面でのセーフティネットを整備し、

食品の安全や治安の確保、

消費者の視点を重視するといった、

国民の暮らしの豊かさに力点を置いた経済、

そして社会へ転換させなければなりません。



== 以上、引用終了 ==



この2009年10月26日の演説から、

我々は学ぶことが多いと、

私は、改めて強く感じている。







今朝も、函館駅前、五稜郭駅前、

本町交差点で街宣を行う。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・6・21 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月21日 その2128『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください