6月25日 その2132『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.06.25



昨夜、都内で会合があったため、夕刻、都
内入りした。



夜明け直後の都内は、空全体が雲に覆われている。



日中も雲が多めのようだ。



朝の気温は22度、日中は28度になる見込みだ。







1)札幌での街宣

昨日は、久しぶりに札幌市内で街宣を行った。



何年ぶりのことだろうか。



西11丁目、円山公園駅、西28丁目など、

以前もよく行った場所での街宣だった。



私が札幌市内で街宣を行っている姿を見て、

不思議に感じた方もいるようだ。



私が小川勝也参議院議員の話をすると、

勘の鋭い方は、

私がなぜ札幌で街宣をしているか合点がいくようだ。



手を振って下さる方や、写真を撮りに来る方もおり、

有り難い限りだ。



今日の午後も札幌市内で街宣を行う。







2)おおさか政治塾

今年も、8月から12月までの間、

5回に渡って「おおさか政治塾」を開講する。



少人数で、民主主義、自治、政治などのことを考える講座だ。



講師は、塾長である私が務めさせて頂く。



https://www.facebook.com/ohsaka.jimusho/posts/418889844891422



関心のある皆さんは、遠慮なく申し込みをして頂きたい。







3)トリチウム
福島第一原発の港湾内の海水から、

原発事故後、最高濃度となるトリチウムが検出されたと、

昨日東電から発表された。



汚染水が土中から海に漏れている可能性がある。



濃度が上昇したのは1~4号機取水口北側の港湾内だ。



6月21日に採取した海水から、

1リットルあたり1100ベクレルが検出。



10日の測定値500ベクレルに比べて倍増だ。



港湾内の、これまでの測定値の最大は

2011年10月の920ベクレルで、

この1年間は100~200ベクレル程度で推移していた。



トリチウムは、水として存在するため、

放射性セシウムなどのように

吸着させて除去することが難しいといわれる。



====



福島第一原発の事故現場では、

事故収束の作業もさることながら、

水との戦いが継続して続いている。



我々は、気が遠くなるほど長い間、

この戦いを続けねばならない。







4)0増5減

やっと衆院の小選挙区定数を

「0増5減」する新区割り法が、

24日の衆院本会議で可決成立した。



この法案、参院でみなし否決されたため、

衆院で三分の二以上の賛成で再可決されたものだ。



再可決は、2009年6月の麻生政権時以来、4年ぶり。



もちろんこの法案では、十分ではない。



とりあえず急場をしのぐための対応であり、

制度の抜本解決や、

大幅な定数削減には、ほど遠いものだ。



したがって選挙制度改革は、

この法案のみで終えるわけには行かない。



裁判所の要請に応えることのことのできる、

しっかりした改革を行う必要がある。



しかし急場しのぎとはいえ、

とりあえずの対応ができたことは、

良かったとも感じている。



この法案によって5県で小選挙区を減らす。



これにともなって、

17都県の42選挙区で区割りを変えることになる。



28日に施行予定、

1カ月の周知期間を経て次の衆院選から適用される。







5)逢坂誠二の話を聴く会

札幌周辺の有志の皆さんが企画して下さった、

6回連続の「逢坂誠二の話を聴く会・札幌」の最終回が、

今夜、開催される。



今夜のテーマは、「信頼をどう再生するか」。



会場は、札幌駅北口の札幌エルプラザ4階



6月25日(火)18時15分開場、私の話は18時45分頃から。



今日は、最終回のため、私の話以上に、

皆さんとの意見交換の時間を多くとる予定だ。



せっかく有志の方々が企画下さったものであり、

私からも、是非、多くの皆さんに

ご参加頂けるようお知らせする。







今日午後の札幌市内での街宣は、

予定が決まり次第、別途、お知らせしたい。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・6・25 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください