6月30日 その2137『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.06.30



今日と明日、都内で用務があり、

昨夜遅く、岩見沢から都内入りしている。



今朝の東京は雲の多い朝を迎えた。



朝の気温は22度、日中は27度との予報が出ている。







1)公約なるもの

参院選挙を目の前にして、

公約の内容に関する議論が多いが、

そもそも公約とはどんな性質を持っているのだろうか。



手元の辞書で「公約」に関しては次の記述がある。



〔選挙のときなどに〕

政府・政党・政治家などが国民に対して

自らの打ち出した政策を実行すると約束すること。

また、その約束。



====



確かにその通りなのだが、

公約とは難しいものだ。



通常公約は、複数項目に及ぶことが多い。



有権者の一票は、





その全てに賛成して投ずる





その一部に賛成して投ずる



・一つも賛成はしないが雰囲気などで投ずる



など、さまざまなパターンがあるだろう。



したがって、

複数の公約を掲げて当選した場合、

その全ての公約に対し、

有権者から白紙委任的な

実施の了解を貰ったわけではない。



====



公約を実現するためには、

予算案や法案を提出し、

議会で議論し、採決するなどの

政策実現のための過程を経なければならない。



白紙委任されているわけではないので、

この政策実現過程の中で、

色々な意見を聴いたり、

政策の内容を深め最終的な実行に移る。



この中で、公約案件が、

修正されたり否決されたりすることもあろうが、

当選者としては、公約の実現に向け、

具体的に着手したことは事実だ。



修正や否決は、

公約どおり実現できなかったという点で、

問題視せざるを得ないことだが、

それをどう評価するかは、

個別事例に則して判断されることになるだろう。



否決や修正があったとしても、

当選者としては、公約の実現に向け、

最低限の行いをしたといえるが、

大きく問題になるのは次の場合だ。



====



・公約項目に着手しない



・公約項目を大きく変更して着手する



・公約項目にないことに着手する



私は、選挙時の事情が後に変化し、

公約項目が変化することは当然あると考えている。



だから上記のようなケースは生じ得るものだと思う。



しかし絶対に欠くことができないのは、

変更が生じたことに対する、

まず丁寧な説明だ。



もちろん丁寧な説明があるからといって、

有権者の理解が得られる保証はないが、

とにかく丁寧な説明を必死に行う必要がある。



その上で、次のことが考えられる。



・有権者の理解が得られ政策実現過程に向かう


(もちろんその後の否決、修正はあり得る)



・有権者の理解を得られず政策実現過程に至らない



・有権者の理解を得られないが政策実現過程に向かう

(当然この場合も、その後の否決、修正はあり得る)



====



当然この三つの中で、

特に問題になるのは、

有権者の理解が得られないが政策実行過程に進む、

三番目のケースだ。



今回の消費税議論は、

まさにこのケースだ。



====



三年前の参議院選挙時、

菅総理が突然、消費税議論をぶち上げたように見えた。



なぜ突然ぶち上げたように見えたのか?



それは丁寧な説明を欠いているからだ。



つまり公約変更の第一の要件を欠いている。



次に、増税、

しかも全ての国民に影響のある増税は、

なかなか受け入れ難いものだ。



仮に増税せざるを得ない事情が理解されたとして、

そもそも増税は嫌なものであり、

できれば反対したいのが国民の思いだろう。



そんな中で、政策実現過程に着手した。



こうなれば国民の皆様の反応はどうなるか、

それは火を見るより明らかなことだった。



====



今日は、私がなぜこんなことを書いたのか、



・公約は、変更できないものではないこと



・公約を変更には、相当に緻密で丁寧な説明が必要なこと



この二つを言いたかったがためだ。



もちろんどんなに緻密で丁寧な説明であっても、

重要政策、あるいは国民が嫌う忌避政策であれば、

相当に大きなしっぺ返しを受けることは覚悟せねばならない。



====



しかしもっと悪いことがある。



国民、有権者の皆様が、

公約を実施できたか、

できなかったかを判断できないような、

曖昧な政策を掲げて選挙を戦うことだ。



今回の参議院選挙は、その可能性が高い。







今日は下弦の月だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・6・30 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください